全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室岡山 週1から始めるランニング スクールブログ ランナーのため...

ランナーのためのエクササイズ ver.2

ランニングアドバイザーの府木薫(ふきかおる)です。


ランナーのためのトレーニング講座第2弾!


足裏のケア&機能改善エクササイズの紹介です。


実施して頂くことは、テニスボールや軟式野球のボールを準備して頂き


ボールを足の裏(土踏まず)に当てグリグリ、ゴロゴロと3~4回転がして頂きます。


ボールの硬さは個人により好みがありますので硬めが好きな方はゴルフボールなどもおススメです。


是非、1度試してみてください。これを走る前に実施するだけでタイム短縮や怪我の要望にも効果抜群です。ただ、プラスαの魔法の言葉体験レッスンで。


ただ魔法の言葉は、お伝えできないまでも理屈っぽい説明ならココでも理解して頂けると思いますので興味ある方はこのまま読み進めて頂ければと思います。長いですよ(笑)


先ほど紹介させて頂きました足の裏のエクササイズ。


実は足の裏の筋肉(アーチ)を作り、着地の際のカラダにかかる衝撃の吸収に役立ちます。


足裏の筋肉が硬くなるとアーチ崩れてしまい機能的な動きができず、またカラダにかかる衝撃が大きくなり傷害の発生頻度も増加します。


また足裏の筋肉は筋膜という膜で、


ふくらはぎ、ハムストリングス(ももの裏側)、腰から背中、そして頭まで繋がっています。足裏が疲れるだけで足だけでなく、様々な部位に影響がおよぶことも考えられます。


さらに、このような状態では機能的な動きもできず運動効率も下がってしまう(無駄の多いフォーム)ため、身体が左右にブレたり、地面をしっかりと蹴ることができず、大きなタイムロスにもつながります。


最後まで長々と読んで頂いた方、ありがとうございます。


それでは、また第3弾をお楽しみに。


ふっき~

ランナーのためのエクササイズ ver.2

(2014年6月4日(水) 0:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初心者~トップアスリートまで、気さくな指導が好評!無理なくスタートOK

ブログ記事 ページ先頭へ