全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室愛知 筋トレ・柔軟・身のこなし3本柱ランニング スクールブログ ランニングのた...

ランニングのためになる話 1

こんにちは!

3本柱ランニングの片山です。

今日は「ランニングでのためになるシリーズ」1です。

よく持久力の話になるとき、「心肺持久力をつける」といいますが、
その、心肺持久力をつけるときに鍛えられる場所は具体的にはどこになるかをご存知でしょうか?

心肺持久力で鍛えられたところは、持久力以外で鍛えられないのだろうか、と考えたことはありませんか??

よ~く考えると気づくと思います。

持久力で鍛えられる体の部分はどこなのか。

もしかしたら、「肺」を鍛えてると思われてる方は非常に多いと思います。

しかし、肺は、細かく細か~く見ると「肺胞」といって、風船のようなものが膨らむことによって呼吸の循環をしているだけに過ぎません。
要するに、肺は筋肉ではないのです。


それなら、肺はどうやって動いてるのか。

気になりませんか??


気になる方は、ぜひコーチに尋ねてみてください。
そして、肺を動かしている物を持久力以外で鍛えるには、どういうエクササイズがいいか、話を聞いてみてくださいね。

 

(2014年5月27日(火) 7:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

筋力、柔軟、身のこなしの三本柱で丁寧に指導。小学生~中高年の方まで歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ