全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 KAZランニングプロジェクト スクールブログ ちょっと豆知識

ちょっと豆知識

                          豆知識

ちっさいころ良く小学校の先生に走る時は顎を挙げないで引いて走りなさい!な~んて言われたことを時々走っているとき思い出します。

これ、ものすごく理にかなったこと。

先生は知ってか知らずか??

疲れてくると重心も後景気味になり首の骨格上顎が挙がって来ます。

この顎が挙がって来た時に首周囲にある筋肉、胸鎖乳突筋、斜角筋(前、中、後)が伸張(引っ張られ)疲労して来ます。

これらの筋肉が疲労してくると呼吸、特に吸気に関与している筋肉。

停止部(筋肉が引っ付いている部分)が胸骨だったり肋骨。

これらの筋肉の機能に息を吸うとき胸骨や肋骨を引っ張る機能があり、胸郭を引っ張って広げてくれる大切な筋肉!吸気の主動筋の横隔膜も大切だけど補助筋のこれらの筋肉を疲労させないことも大切大切。

顎の位置はニュートラルを保ちたいね。

それでは。

ちょっと豆知識

(2014年5月21日(水) 20:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生理学など、科学にも精通したパーソナルトレーナー!多角的な指導で安心

KAZランニングプロジェクト
藤澤和宏 (ランニング)

東京・原宿・新宿・高田馬場・的場

ブログ記事 ページ先頭へ