全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ "オ...

"オシリ"に力を入れてみましょう

お尻に力を入れることができますか?
(お尻の穴を締めるのとは別です)

ちょっとしたエクササイズをご紹介します。
簡単なので家で暇な時にでも試してみて下さい。

①床にうつ伏せになる。

②膝を極力曲げずに伸ばしたまま、"両足"を天井に向かって引き上げる。

判定基準:前腿が床から離れるほど脚を持ち上げられているかどうか。


さて、ほんど上がらずこれができなかった方。

理由はいくつか挙げられるのですが……筋力について話しますと

まず、お尻の筋肉"大臀筋"はスタイルを気にする女性にとっては垂れ下りたくない部位の一つでしょうし、歩行、走行の動作に大きく関与しています。

ハムストリングス(腿裏)と合わせてこの下半身の後面の筋肉達はランニングにおいて重要な役割を持つのですが、お尻の筋力が不足していたり使い方(力発揮の仕方)ができていないと、他の筋肉達に頼って走る事になります。

スプリンターの選手が見事なお尻をしているのを見ればわかる通り、大殿筋は強力な力を発揮します。

一見細身にも見えるバレエダンサーも、MRIなどで筋肉を調べてみるとお尻や体幹部はアスリート並みの筋量だったそうです。
しなやかで美しい身体は筋肉がつくりあげているということがわかります。

仰向けで腕を床に置いたままお尻を持ち上げてブリッジするのも大臀筋を使いますが、それは何十回できても今回ご紹介したのは全くできない方もいます。

皆さんはいかがでしょうか!?

"オシリ"に力を入れてみましょう

(2014年3月28日(金) 17:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ