サイタスポーツ教室ランニング教室東京 KAZランニングプロジェクト スクールブログ 12時間耐久レ...

12時間耐久レース

約1ヶ月ぶりの大会で、前回の奥久慈戦をDNFしているため今回のキタタンは何が何でも完走することと、6時間台でフィニッシュすることを目標に参加してきました。
怪我も無し、特に筋肉痛なども無かった。7時スタート。渋滞は初めから予想はしていたものの第一関門手前のピークまでほぼ渋滞で歩き。ちょいとイライラしていたけどまぁ仕方がない。徐々に6時30分スタートの選手を抜きつつ第一関門到着!速攻でトイレに駆け込みたかった。(小)しかし数人待ち。時間がもったいない、待てない、よし!水分補給だけして第二関門まで 我慢じゃ~、ってことで直ぐさまスタート!ここからもちょい渋滞はあったもののなんとかトイレも我慢でき第二関門到着。やった~、タイミングよくトイレ待ち1名様のみ。トイレを済ませ水分補給をし、休むことなくレッツらGO~!スタート直後この全コースの一番の難所だと思われた姫次。以外と渋滞などで体力温存出来ていたのかきつかったけどなんとか登りきった。山頂付近ではボランティアスタッフの方々が コーラあるよ!頑張って! の声が。ひ~ひ~息を切らし、雄叫びを上げながらコーラに手を伸ばし一杯限定のコーラで喉を潤しラスト10kmの下りに向かった。このコースでどこが一番きつかったってここからの下りだね。僕は大の下り嫌い!ほんと大っ嫌い。遅いし、足に負担は来るわでしかも10kmあんの~。でもこれさえ下ればゴール。行くか!案の定足関節は痛いし、ふやけた小指の爪が半分無くなってるは。でもそんなこと言ってらんね~、痛みをこらへいざゴールへ!この下りで何人に道を譲ったか?大分抜かされたわ~ってそんなのいいか。なんとか下り切ってゴール!公式記録を張り出されるまでで待てなかったけど、電子掲示板の時間では目標の6時間台ギリギリだったかな。フィニッシュ後は固形物は一切持って走らなかったのではらペコ。シャワーを浴びて、うどん2個、おにぎり2個、アイスを食べ腹ごしらえしてシャトルバスに乗り込み帰宅。帰ってからは腹筋群のトレーニングを少しやって、ストレッチを入念にしいつの間にか寝てた。しかしトップの選手は4時間台だって!どんだけだよな~まじで。僕ももっと頑張ろう!次回のレースは八ヶ岳100k。初の100k超で完走出来るか今は不安だらけ。多分今走っても完走できないな。あと2ヶ月あるしちょっとトレーニング頑張ろう!ではでは

12時間耐久レース

(2014年3月26日(水) 18:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生理学など、科学にも精通したパーソナルトレーナー!多角的な指導で安心

新着記事

ランニングの終盤の弱さが出てしまいました。 先日、勝田全国マラソンに参加して来ました。結果から言いますと "3:03,48" でした。     タイムリスト 計測ポイントスプリットラップ Start     5K 00:21:430     10K 00:42:540  ...

今更ですが丁度一ヶ月前に湘南国際マラソンへ参加して来ました! 結果から。3時間8分で35km 付近から完全に失速し、完敗でした。 次回は別府大分か、勝田に向けてトレーニング再開しております! 悔しい。 ではでは。。

先日ターゲットレースの湘南国際前に葛西臨海公園で行われた10kmマラソンに参加して来ました! 10kmと言ったら心拍数がバンバン上がるレース。 レペティション(全力)のトレーニングの位置付けで走って来ました! 結果は39‘08と、練習とは言え不甲斐ない結果でしたが、本番まであ...

マラソンVer.のBack to Back(バックトゥバック)理論。 通常Back to Back理論はウルトラ等の超長距離で2日に分けて遅発性の筋疲労が来る前に行うトレーニング方法。 マラソン位の距離のBack to Back理論は一日で二部に分けて行う。 条件は一部、二...

ここ最近活性酸素や酵素作用についてランニングとの関係性を図書館で勉強していました。 ランニングや筋トレが体に悪いだの色々書かれてる雑誌を良く目にします。 確かに活性酸素、筋破壊、問題等々ありますが、ランニングだって酸素を必要とする好気的呼吸ではなんら問題はないと今のところ学術的論文...

ブログ記事 ページ先頭へ