全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室北海道 からだ・よろこぶ☆姿勢改善ラン スクールブログ 雪を満喫!久々...

雪を満喫!久々の歩くスキー~滝野スノーワールド~

真っ白な雪景色の札幌から・・お久しぶりです!
私は、ようやく28日に年内の仕事が終わり、次の日久々に休暇ということで、歩くスキーに行ってきました。
29日は、年内どこの施設も年末休暇に入ってしまって、歩くスキーの出来る行き場を探していたのですが、札幌では、一箇所だけ開いている施設を見つけ・・・
札幌の南にある『滝野スノーワールド』に行ってきました。

昨年の暮れに、車に取り付けるスキーキャリアを初めて買ったのですが、付けずに終わってしまい、今年やっとの思いで取り付けたので、早速スキーを積んで滑りに行こう!ということになりました。

札幌に東京から帰ってきて、雪国で何がしたかったと言えば、歩くスキーで、帰ってきた年にはすぐに健康の為に、ウロコ付きの歩くスキーを買いに行きました。

最初の数年は毎週のように冬場は歩くスキー大会に参加・・楽しくてたまりませんでした。
ところが、家の人が一緒に参加した大会が雨降りの翌日・・アイスバーンとなってアップダウンのキツイコースで尻もち(私ではなく)・・・尾骶骨を打って(たぶんヒビが入り)、「もう二度とやらない!」ということになってしまいました。それから10年?!ぶり位経って、家の人が自分から「滑りに行こう!」と、この度、言ったのです。耳を疑う位、嬉しい言葉でした。
「二度とやらない!」と言われてから私は1人で滑りに行っていました。
(1人の時は別に買っていたクロスカントリースキーをしてました。)

昨日は、現地に行ってみると意外と整備されていて、沢山の人たちが周回コースを楽しんでいる様子。しらかば等の木に雪が積もった景色も素晴らしく、クラシカルでゆっくり歩きました。
ジャンプの高梨さら選手が課題にしていたテレマークの真似をしたりして「テレマークにすると安定するね!」等と会話しながらで楽しかったです。
昼食もカントリーハウスで食べる予定で行ったので、懐かしラーメンで温まって帰ってきました。(メニューは結構種類があり悩みそうになりましたが、「やっぱりラーメンでしょ!」と、鼻水をススリながら、スキーの後に食べるラーメンはやっぱり美味しかったです!)

話は自分の兄の話になりますが・・・
ジャンプとクロスカントリーの複合を昔していました。
長野オリンピックの大ジャンプを直に見に行った私は、実家にその感動を電話で伝えると・・兄は、「原田選手は高校のスキー部で後輩だった。」「ジャンプの練習の時にいただろ・・」と言われ、知らなかった私は驚きました。
数年経ち・・札幌に帰ってきて、雪印のトレーナーの方と縁あって、ジャンプチームにバランスボールのトレーニングを受けて頂いたのですが、
その時には、長野で金メダルを取って活躍したメンバーが揃っていて、原田選手とその時、兄の話をしたりして・・なにかと縁続きで、偶然な驚きもありました。

長野オリンピックで、スキー複合といえばスケーティングスタイルがクロスカントリーでは目立ちましたが、ジャンプの原田さんの2つ年上の兄は複合でクラシカルをしていました。
(そういう時代でした。)
兄に、札幌に帰ってきてワックスがけの違いを初めて(スキーの違いや滑り方の違い)そのことを教わりました。そういえば、昔兄の写真はクラシカルの滑り方だったんだ・・・と、兄の頑張っている姿が写っている写真をこっそり兄の部屋で見たことを思い出しました。
兄が頑張っていたこと・・(成績は思ったほど当時は振るわなかったようで苦しい思いをしていたようです)その写真を見たのは中学生でしたが、その時から、兄を尊敬していました。

周りの皆さんを見ていると、やっぱりスケーティングは格好良いですが、昨日は改めて、兄を思い浮かべてクラシカルスタイルの大変さや難しさを感じながら、健康の為に歩くスキーを楽しんで出来る時間を充分に楽しみました。

皆さんも、冬の楽しみを見つけて健康維持してくださいね!
2013年、ありがとうございました!!よいお年をお迎えくださいネ

 

(2013年12月30日(月) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

医療大学・介護施設など多くの場で指導歴あり。日本トライアスロン連合会員

ブログ記事 ページ先頭へ