全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室兵庫 ランニングクラブ plus スクールブログ 京阪神の比較④...

京阪神の比較④コース

さて、いよいよコースの比較に入ります。

<景観>
神戸>>京都>大阪

神戸は、スタートからしばらくは神戸らしい異国情緒あふれる景色。
鉄人28号の裏を抜け、海沿いのコースが気持ち良いし、明石大橋の巨大さに驚きます。
神戸大橋からの景色は絶景で、疲れが吹き飛びます。

京都は、嵐山を抜け、仁和寺へ。大人数のお坊さんが出迎えてくれます。
西大路通から北大路通のコースは全国高校駅伝と同じ。
分かる人には分かる、テンションの上がるポイントです。
ゴールの向こうにある平安神宮の大鳥居もいいですね。
よく言われることですが、思ってたほど観光地をまわる感じはないです。

大阪は、スタート前に大阪城に心をもってかれます。
スタート後、御堂筋など走れて嬉しいですが、基本的にビルに囲まれたオフィス街を走る感じです。
中之島の公会堂付近は、開けていて明るいし、気持ちいいです。
個人的には、新歌舞伎座がインパクトありました。

<走りやすさ>
大阪>>>京都、神戸

大阪の走りやすさはずば抜けてます。
とにかく常に道が広い。
坂もほとんどない。スタート直後に全体的に下って、上ってとありますが、最初だし気にならない。
南港大橋の坂も、神戸や京都と比べたら、たいしたことない。

京都はとにかく坂だらけ。
きつね坂の終わる26キロくらいまではずっと坂走ってる感じ。
きつね坂のキツさが話題になるけど、仁和寺付近の方が細かく坂続きでキツい。
5キロ~15キロをいかにうまく走るかが大事です。
ただ、きつね坂が終わればゴールまではほぼフラットなので、最後はなんとかなるでしょう。

神戸も大阪同様に基本フラットで、最後に大きな坂がある感じ。
ただ、細かい坂が何度かあって、結構身体にくる。最後の浜手バイパスは地獄。
とにかく余力を持って、浜手バイパスに向かいましょう。
難点は、とにかくコースの狭さ。
片側一車線の往復があるため、大渋滞。
自分のペースで走れないこともあるので、落ち着いて対応しましょう。

 

(2013年12月20日(金) 12:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ランニング歴20年以上。ゼロ~フルマラソン完走まで、成長の一歩を支援

ブログ記事 ページ先頭へ