全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室兵庫 ランニングクラブ plus スクールブログ 京阪神の比較①

京阪神の比較①

3月の第2回京都、10月の第3回大阪、11月の第3回神戸と、直近の関西大型市民マラソンを走りました。
なので、京阪神マラソンの私なりの比較をしたいと思います。

<申込み~受付まで>
3大会とも、ネットor振込用紙での申込みで、抽選です。
今回良いなと思ったのが、神戸。
通常、大会の1カ月前くらいに受付表と一緒にパンフレットやスポンサーのチラシが郵送されてきます。
しかし、神戸マラソンはパンフレットとチラシはPDFで見てくださいってことで送ってきませんでした。
しかも安易に全員PDFとはせず、ネット申込みの方はPDF、振込用紙で申し込んだ方には郵送と分けて。
経費削減なのかは知りませんが、無駄な紙を使わないってだけでも意味があるかなと関心しました。
前日受付なんかでも同じような資料をもらうし、『無駄やな~いらんな~』と思ってたので。

<受付>
受付は3大会とも前々日、前日の受付です。
会場は全てゴール横。
大阪は駅から10分くらい歩きます。周りには何もありません…
京都は一応駅近ですが、その路線は乗らんな~ってとこなので、河原町からバスで行きました。
京都のど真ん中だし、歩いても楽しめると思います。
神戸は駅前。
スタート地点の三宮からポートライナーで行くことになるので、スタートとゴール両方を確認しやすいです。
遠くから来る人にとってはいいのかなと思います。
大阪、京都はスタートとゴールがかなり離れてるので、スタート会場を事前に確認とかは面倒です。
まあ関西人はどこもそれなりに馴染みがあるから、わざわざ見に行かないと思いますが。

イベントの規模では、大阪>>>京都>神戸
スポンサーブースなどはさほど差はないですが、飲食店の数が全く違う。
大阪はホール1つ分を飲食店に使っているのに対して、京都は10店ほど、神戸は5店ほど…
まあ第1回神戸の時は飲食店自体なかった気がするから、進化はしてるんでしょう。
どこもお祭り感はすごくあって、テンションは上がります。

次回はチャリティについて書きたいと思います。

 

(2013年11月28日(木) 21:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ランニング歴20年以上。ゼロ~フルマラソン完走まで、成長の一歩を支援

ブログ記事 ページ先頭へ