サイタスポーツ教室ランニング教室京都 ランニング教室・走塾 スクールブログ 疲労と休養の質

疲労と休養の質

普段の心拍数が高い、少しの運動ですぐに息があがってしまう

ということはありませんか?


普段から心拍数が高めだと、どうしてもバテやすい身体になってしまいます。

心拍数と運動についのお話しです。



まずは自分の心拍数を把握しよう!

安静時心拍数は血圧計か手首の親指下あたりに指先をあてて測定しましょう。
通常は1分間に70~80拍であれば大丈夫です。

なお、一流長距離選手は1分間に40以下になります。



心拍数と運動について
普段、運動不足で安静時心拍数が高めの方でも、定期的な運動
(理想は週に3回以上)を続けることで、

安静時心拍数を下げることも可能です。また筋力トレーニングでも安静時心拍数を下げます。


だらだらしてちゃダメですよ(笑)。

 

(2013年8月1日(木) 13:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全日本実業団選手権に出場。ランニング学会認定ランニングコーチ

新着記事

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

トレーニング効果の獲得速度ってご存知ですか? 平たく言えば 一つの練習をして効果が早く高まる部分と高まり方が遅い部分があるということです。 その結果、ケガ、故障が発生することがあります。 どういうことかといいますと・・ トレーニング効果は 臓器系と呼...

標記の質問がHPからされておりましたのでここでお答えします。 「長距離走にはバウンディング練習が必要か?」ということだと 判断します。 バウンディングとは陸上のでは短距離や跳躍、投擲の選手がよく 実施する練習です。 ※瞬発力を発揮するすべて...

世界選手権が開催中なのは陸上だけでなく 柔道も世界選手権開催期間中でさらにはバレーボールも ワールドカップ開催中ですね。 世界陸上では200mで大会最年少の出場者が日本代表で 準決勝に進出、またその200mで日本代表の3人が全員準決勝に 進という快挙がありま...

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ