全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室兵庫 爽快走快エンパワージョギングスクール スクールブログ ◇ 着地のとき...

◇ 着地のときのブレーキの大きさは?

 さて、質問です。
 Aさんはゆっくり走る人。
 Bさんはスピード練習してはしる人。

 Q;AさんとBさんでは
   どちらがスピードの制御力(ブレーキ)が
   大きいでしょう?


 ・・・想定では
   速いスピードがあれば、
   制御にかかる力が大きいと
   イメージしますが???

 A;答えは 
   Aさん、Bさんどちらも
   ほぼ同じ。


 ■先日ランニング学会での
 バイオメカニクス講義
 (兵庫県立大学:福田厚治先生)
 によれば、

 スピードに関係なく、
  接地による速度変化の大きさは、
  0.2-0.3m/s程度です。

 ■ということは、
  接地面の制御をかけることなく、
  加速がかけることができれば、
  効率よく前にすすむことができます。

  具体的にいえば、
  着地時間を少なくして、
  地面反力を使っていきます。

 ■地道な練習ですが、
  その場で両足ジャンプ。

  なるべく高く上がり過ぎないよう、
  地面反力をつかいましょう!   

 

(2013年3月1日(金) 20:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

健康運動実践指導者の資格を保有。ストレッチ法などケガ防止策もわかる

爽快走快エンパワージョギングスクール
山寛 (ランニング)

朝霧・明石・西明石・大久保・西神中央

ブログ記事 ページ先頭へ