サイタスポーツ教室ランニング教室京都 ランニング教室・走塾 スクールブログ マラソンを走る...

マラソンを走る能力を上げるには?

一つは 最大酸素摂取量 を高めること

これは1分間に体重1kgあたりどれだけの酸素を摂取できるかということです。
もちろん多く酸素が摂取できればそれだけ長距離走を走る能力が上がります。

この能力を上げるには、ロングジョグやペース走で養うことができます。
ゼイゼイ、ハアハアと精一杯で走ってはこの能力は身につきません。

最大酸素摂取量の 70% 程度で走ってください。
どんな程度かと言うと ややキツイ と感じるペースです。

具体的に数字で表すと 最大心拍数の80%が最大酸素摂取量の70% あたりに相当します。
最大心拍数は 220-年齢 で現せます。

ですから20歳の人なら 220-20=200ですから・・

200拍の80%は160拍です。

ですから最大心拍数の80%が最大酸素摂取量の70%に近いですから
20歳の人なら1分間の心拍数が160あたりで40分~60分で走ると最も効果的です。

もう一つは 乳酸性作業閾値 を上げることです。
ある運動強度から血 中乳酸濃度が上昇するポイントを意味します。
(乳酸蓄積開始点ともいいます)

また、糖質を利用する無酸素系の解糖で乳酸が作られます。
一昔前は乳酸は疲労物質であると考えられていました。

乳酸は再生されてエネルギーとして再度使われています。
ですから疲労物質ではありませんが疲労した時に発生するものには違いはありません。
(ココ重要ですよ【笑】。)

乳酸も最終的にはミトコンドリアでエネルギー産生の燃料として使用されますので
糖質や脂肪と同じ働きをします。

その乳酸が発生するポイントの寸前の強度でトレーニングすることが乳酸蓄積開始点を
下げる方法にもなります。

結局はこれも最大心拍数の 80%~90%で60分程度走ることが最も効果的です。

さあ頑張って見ませんか?

 

(2013年2月28日(木) 18:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全日本実業団選手権に出場。ランニング学会認定ランニングコーチ

新着記事

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

トレーニング効果の獲得速度ってご存知ですか? 平たく言えば 一つの練習をして効果が早く高まる部分と高まり方が遅い部分があるということです。 その結果、ケガ、故障が発生することがあります。 どういうことかといいますと・・ トレーニング効果は 臓器系と呼...

標記の質問がHPからされておりましたのでここでお答えします。 「長距離走にはバウンディング練習が必要か?」ということだと 判断します。 バウンディングとは陸上のでは短距離や跳躍、投擲の選手がよく 実施する練習です。 ※瞬発力を発揮するすべて...

世界選手権が開催中なのは陸上だけでなく 柔道も世界選手権開催期間中でさらにはバレーボールも ワールドカップ開催中ですね。 世界陸上では200mで大会最年少の出場者が日本代表で 準決勝に進出、またその200mで日本代表の3人が全員準決勝に 進という快挙がありま...

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

ブログ記事 ページ先頭へ