サイタスポーツ教室ランニング教室大阪 ランニングクリニック シカ スクールブログ

北風の冷たい日が続いていますが、トレーニングは順調に進んでいますか?

この時期、河川敷等、風の影響をまともに受けるコースで走るのはなかなか大変ですね。

以前のブログで、向かい風の時には風にもたれ掛かるような感じで前傾していくと姿勢がとりやすく、向かい風を利用した良い練習ができるというお話をしました。

今日は逆に追い風の強い時のお話です。

追い風が強いと、風が背中を押してくれるので楽な気がします。
でも、そんな時に注意しないといけないのが、ストライドとピッチの関係です。
風に強く背中を押されると、自分の思っている以上に脚が大きく前に出てしまいオーバーストライドになる危険があります。
体も同じくらい前についていっていれば問題ないのですが、体が後ろに残り、脚だけが前に出過ぎると、ピッチも落ちるため、走りのリズムを崩してしまいがちです。

私自身は、追い風を受けての走りの方が向かい風よりもずっと難しいと思っています。

そんな追い風の時、私はできるだけ『小さく速く』を意識して走るようにしています。
脚が前に出すぎないようにできるだけ引いて接地すること、そして回転を速くピッチを落とさないように、という二点です。

なかなか難しいことですが、この二点ができているとリズムを崩すことはありません。

これからしばらくは風のきつい日が続きますが、向かい風でも追い風でもリズムよく走れるようになりたいですね。

 

(2012年12月17日(月) 12:23)

前の記事

この記事を書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着記事

北風の冷たい日が続いていますが、トレーニングは順調に進んでいますか? この時期、河川敷等、風の影響をまともに受けるコースで走るのはなかなか大変ですね。 以前のブログで、向かい風の時には風にもたれ掛かるような感じで前傾していくと姿勢がとりやすく、向かい風を利用した良い練習ができるとい...

おはようございます。 今朝は真冬のような寒さでしたね。 こんな日、朝に走る時はケガに注意! 寒いと、自分が思っているほどには、筋肉は動いてくれません。 ゆっくり動き出し、十分に体が温まってから速い動きや大きな動きをいれていくようにしましょう。 ジョギングなどでも走り始めは、ス...

ここ数日で一気に冷え込んだ大阪ですが、今日の午前中は柔らかな冬の陽射しの中で体験レッスンを行うことができました。 すでに10 キロほどを走れる走力をお持ちで、その上、真っ直ぐでくせのないきれいな脚の運びをされていましたので、今日は、腰の位置をもう少し前に持っていけるようにトレーニングをし...

今日は立冬。 淀川河川敷は西からの冷たい風が吹き、冬を感じさせられる朝でした。 西からのこの冷たい風を体に受けると、冬だなあ…と実感します。 まだコスモスもたくさん咲いているし、秋も残っているのですが、今朝は今シーズンで初めて冬を実感した朝でした。 向かい風キツいとイヤ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ