全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニングサポート24 スクールブログ 初マラソン④

初マラソン④

後輩は速すぎた!

キロ4分より速いペースで走っている。

決断は「マイペースに戻す」

心拍数を168拍ぐらいまで戻し、下りで165拍まで下げる。

きつさは無くなったが楽ではないペース。

30kmを無事に通過、2時間5分20秒、5km20分50秒。

残りは12.195km、ここからがマラソン本番!

ここからペースダウンしなければ問題なくサブスリー。

この時はサブスリーの価値はあまり理解していなっかったが、

今思うとサブスリーは大きな意味と価値がある!

心拍数は168拍前後、脚は何とか頑張っている。

すぐにダメになる雰囲気はない。

35km地点を早く超えたい!みんな「壁・壁・壁」って言うから・・・。

今度は前方に先輩が見えて来た。少しペースダウンしている様子。

先輩!って声を掛けて「お前速いな!」と言われて元気になった。

35kmは2時間25分50秒、5km20分30秒。

残りは7.195km、俺は元気、大丈夫と言い聞かせる。

順調に走る俺に新たな後輩が追いついてくる。

「やっと追いついた~」なんて言われて嬉しい訳がない。

負けるわけにはいかない!絶対勝つ!と心に決めて気を引き締めた。

佐倉マラソンのラストは駅からの激坂!あそこから勝負をしようと作戦を練る。

激坂にさしかかり、ほぼ全力のペースで走る。

心拍数は175拍!残りは激坂と陸上競技場だけなんで気にしない。

激坂は互角の勝負。後輩はしぶとい!けど負けたくない。

ラスト勝負だ!ラスト勝負で負けた記憶はない。

ラスト200m、腕を大きく振って全力で走った。

思っていたより速く走れた!真横に後輩はいない。

全力でゴールに駆け込んだ、終わったー、タイムは?

2時間55分48秒!サブスリーだ!やったー!

ランニングを始めて3年目の冬の物語でした。

完 

 

(2012年6月13日(水) 8:58)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ホノルルマラソン対策・トライアスロン・メタボ予防法などジムで幅広く指導

ランニングサポート24
西沢敬二 (ランニング)

西浦和・東川口・白岡・戸田・中浦和・北越谷

ブログ記事 ページ先頭へ