全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室北海道 からだ・よろこぶ☆姿勢改善ラン スクールブログ 札幌市民トライ...

札幌市民トライアスロン大会に参加して~よりよくなったこと~

札幌では”よさこいソーラン祭のファイナル”を迎えた今日、私はトライアスロン大会に参加してきました。

昨年は1日で3種目行われたトライアスロン大会は、今年は2日間に分けて、昨日土曜日の夜にスイム、そして本日日曜日朝7時頃のバイクのスタート、ランでゴールという流れでした。

今年の参加者女子は半分くらい顔ぶれが変わった感じで、昨年の小樽のアクアスロン大会で3年ぶりにあった知り合いから、直前にこの大会に参加するというメールを頂き再会、更にその知り合いが知り合った人と知り合いになり、2日間楽しい大会となりました。

話は遠回りになりますが・・・

つい、この間の金曜日に、私の体操のレッスンを受けて下さっていた方が、自分の姿勢を見直した所、気付いてみたら足の0脚が改善されており、ご本人は勿論、周りの皆さんが彼女の悩みのことを知っていたので驚きました。
(更にその場にいた5人全員がまた気づけば、スラっと美脚になっていたのです。その見直すきっかけも、私が「レッスン前に早く会場に着いたので、自分の足を鏡で見ていたんですよ・・」といった途端、皆さんが鏡に向かって足を見始めたと言う訳です。)
そんなことで、自分もレッスンの成果を自分の身体で再確認。
ここ数年のスイムのタイムが、浮力のかかる不安定な水の中で身体のブレがなくなり、よりよくなっているのを感じていたのですが、またまたこの度、タイムが短縮されていました。

トライアスロンのスイムは何人かで同じコースをバラける以外はぶつかり合いながら泳ぐので、結構自分のペースが乱されるという大変さがあり、バイクは次のランに引きずらないように足の筋肉を考えながらこがなければならないですし、ランではバイクの疲労を取りながら、ランの筋肉を起こさなければならないという器用さが必要です。

そして、トランジッション・・・
トランジッションでは、ロスタイムを最小限に抑えなければならないので、自分なりに事前のシミュレーションが大切です。そのままシミュレーションしたことが実践に反映されるので、上手くいって結果がついて来たときは嬉しいところです。

私の知り合いはマラソン大会ではもう、フルを走れるようになったということで、基礎体力・持久力はもうついているようですが、昨年のアクアスロン大会で2種目、更に3種目のトライアスロン大会となると『キツイ』という感想が正直なところで・・・
でも、身体をいろんな角度で鍛えてチャレンジしていく醍醐味はだんだん面白くなっていくところだと思います。

今日は最後のランで、これからチャレンジしていく私よりずっと若いその彼女に自分を抜いていって欲しいと思いました。

この大会は、正式なオリンピックディスタンスよりは半分の距離です。

人によっては半分だから『楽』ではないか・・と、いう人と、距離が短いとかえってスピードをあがるから『きつい』と、人によって捉え方が全く逆だったりします。
彼女はそのスピードの『きつさ』を感じたようでしたが、今年はマラソン大会の他に、バンバントライアスロン大会に参加する意気込みバッチリなので、応援したいと思います。
~経験が増えてきた彼女の今日の会話のひとつ~
「フルに慣れると、ハーフがきつく感じる」・・(とも言っていました。)

そして、本日会場で頂いた豪華なお弁当・・家でゆっくり味わって食べました。(´~`)モグモグ
→ホント、豪華なお弁当!!でしたよ。。

☆昨年この大会総合優勝のNHKアナウンサーの池田耕一郎さんがご参加されていました。
 24日朝8時からまた、先日行われた洞爺湖マラソンのレポーターで出演されるとのことです。
 皆さんご覧くださいね!(再放送)・・・私は先日TVで拝見しました。

 

(2012年6月10日(日) 22:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

医療大学・介護施設など多くの場で指導歴あり。日本トライアスロン連合会員

ブログ記事 ページ先頭へ