全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 いっきゅう ランニングクラブ スクールブログ ウォーキングか...

ウォーキングからジョギングへ

ウォーカーからジョガーへ

新年を節目に新たにランニングを始めようと考えている方も多い事と思います。

身体的に「走る」という動作は下肢(足腰等)に非常に負担が掛かり、しっかりした予備知識が無いままに走り始めると、必ずといって良いほど故障や怪我につながります。

まずは、しっかりとしたランニングシューズを選び、歩く事から始めましょう。
そして徐々にジョギングに移行して行きます。

「ジョギング」とは、一般的に「歩行」と「走行」の中間に位置する移動手段として位置付けられています。

歩く動作は通常、踵(かかと)から着地します。ランニングもスピード(ストライド)にもよりますが、やはり踵から着地します。

中間のジョギングはペースも遅く、ストライド(歩幅)がせまいので足の着地が フラットか もしくはつま先から着地します。
したがって体重が足(膝等)にかかる衝撃を直接 踵に受けず、足の甲(アーチ)を利用して吸収できるために故障になりにくいと言われています。

一瞬でも 「飛ぶ!」と動作には変わらないので、歩く動作よりも体温の上昇もしますし、脂肪の燃焼効果も高いです。

長い時間ジョギングするには、歩くより遅い速度でも効果はありますので、
ゆっくり「飛び!」ましょう。
          2012/01/12  ikkyu

 

(2012年1月12日(木) 11:10)

前の記事

この記事を書いたコーチ

コーチ歴20年!富士登山マラソンや100kマラソンも完走したコーチ

ブログ記事 ページ先頭へ