全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 岩本好之・ランナーズクラブ スクールブログ 楽しむ走り v...

楽しむ走り vs 勝負する走り

以前、東京マラソンの特集をテレビでやっていました。

そのなかで、最高年齢のランナーが紹介されていました。
男性は83才。女性は74才。

いや~、お二人とも若々しくてステキでした。

しかし、この男性がインタビューのの中でおっしゃられていた
コメントが、ちょっとひっかかりました。

男性 「まだ、若い者には負けられません。」

一見、元気なおじいちゃんという感じがするのですが、
この男性は、いったい誰と戦っているのでしょうか?
誰に勝ちたいのでしょうか?

この「まだ、若い者には負けない。」というセリフ。
あるいは「今どきの若い者は・・・」とうセリフ。
裏を返せば、「私は年寄りだ」と言っているのと同じなのです。

「まだ、若い者には…」「今どきの若者は…」と言えば言うほど、
自分の潜在意識は「私は年寄り」と認識してしまうのに。


それに・・・
年をとったら、若い人と争うことなんかないのに。
年を重ねた人にしかできないことがあるのに。


それに比べて、最年長の女性のコメントは自然でカッコよかったです。

「楽しく走りたいわ。」

-------------------------------------------
「楽しむ人生」と「勝負する人生」
  ・・・どっちが幸せなんだろう?
-------------------------------------------

 

(2011年12月8日(木) 1:25)

前の記事

この記事を書いたコーチ

速く走るメカニズムだけでなく、心理学も研究。身体面と精神面からサポート

ブログ記事 ページ先頭へ