全国5万人が受講している「サイタ」

気功やり方教室・講座

気功やり方教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室気功やり方教室東京 望永気功スクール健康の世界にようこそ スクールブログ 精気神の関係(...

精気神の関係(二)

精気神三位一体の重要性にもっと認識することが必要

なぜ気の概念と存在はそこまで重要なのか?
気は精と神間に懸け橋の存在で、無形無相で(エネルギー)、体と心の中に活躍しているが、しかし気を実感するまで、確かに難しい。じゃあ、なぜ気の認識、理論勉強、気の練習にそんなにしないいけないのか?

現代科学の成果例え、医学、心理学、物理、天文学、近代話題になっているspiritなどなど、これを勉強すればいいじゃないか?
それは気を抜いたら、心身整体観は成り立てることはできないからだ!
気を導入しない場合は、精気神―三位一体の本来姿が見つからなくて、究極の心身健康状態にならないだ!人間の生命本質と真理を探究することが極めて難しいだ!

今までの神学霊魂論、仏教の四大和合論、現代の物理学、現代西洋医学(機械唯物主義の傾向があり、つまり生きている人間の主導性即ち、治癒能力、免疫力、潜在能力を無視して、人間を機械として研究して、治療するということだ)。

中医学も気血、内臓と感情の関係、経絡についての内容は非常に多く論じたがある。実は中医学の成立はもっとも優れた先人が気功実践した上に生命体の内景―内臓、気血、経絡などを内観、観察して、生命真髄の世界に深く覚知した結果である。残念ながら、現代の中医学は気功科学とあまりに無関係になった。

哲学の精神物質二元論などなども・・・、気を導入しない場合は人間の心身健康になるまで、人間の生命本質と真理を探究するのが極めて難しいだ。

 

(2015年9月27日(日) 0:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国NO.1の称号を持つ武術士で外科医。中国出身で日本語も堪能!

ブログ記事 ページ先頭へ