サイタスポーツ教室気功やり方教室東京 望永気功スクール健康の世界にようこそ スクールブログ 気功と中医学の...

気功と中医学の関係

気功は中国何千年伝統の各種養生法を中医学に基つき再編した健康法です。
中医学の発展と気功実践昔から絶対不可欠であります。中医学の整体理論、陰陽五行哲学、臓腑理論、経絡理論など、それは気功科学の中で重要な指導理論になります。

整体理論は 人間と自然が整体であり、人身も整体であります。人間の身体は四肢から、五臓六腑まですべて繋がっています。臓腑の核心で統一の有機整体の身体になります。その中で臓と臓、 腑と腑、臓と腑、すべてと身体の各部に有機的に繋がっています。

(1)臓と臓の相生、相克関係:五行哲学:肝木、心火、脾土、肺金、腎水。
相生:木=火=土=金=水=木
相克:木=土=水=火=金=木

(2)臓と腑の陰陽表里があります。臓が陰、里です。腑が陽、表です。

(3)五臓と人体各部はすべて繋がっています。<皇帝内経>で人体の生理、病理と大自然の様々な現象すべて五臓と関係があります。
       
天人整体五臓関係図
五臓::  肝   心   脾    肺    腎
        (心包)
六腑:  胆   小腸  胃    大腸    膀胱
        (三焦)
五志:  怒   喜   思     悲    恐

五常::  風   熱   湿    燥     寒


この繋がることは、一体どうやって発生するでしょうか、これは経絡の役目です。人体中の経絡は十二経、十五絡、奇経八脈などがあります。気は この経絡の中で毎一秒、毎一秒流れて、すべての全身各部が繋がっています。気功の練習するために、色んなツボを勉強が必要です。経絡についての知識も重要です。



 

(2014年7月25日(金) 23:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国NO.1の称号を持つ武術士で外科医。中国出身で日本語も堪能!

新着記事

5年前から、膝の持病原因で僕の施術を受けた患者さんは気功と太極拳の勉強も始まりました。 この間に健康診断を受けて、なんと72歳から47歳に変身しました。 僕はこの結果を見て、心の花が咲きました。 とても嬉しいことです! 自分の20年若返ったより喜んでいます!

中医学は“天人整体論”の根本思想から、人間の五臓六腑中心で、心身整体観点で診断する。病人の全体的な状態例え、舌苔、脈象、気色と体型を観察して、弁証分析、病人の正気と邪気状態を把握して、漢方、推拿、鍼灸とかの手段で治療する。 重心は病人の正気を育つことです。ですから、西洋医学からなかな...

西洋医学はたくさんの人々に(大衆医学)、同時に、効果的に、短時間、安全に治療するため、成り立っていますが、非常に人類に役立っています。 西洋医学の中で、もっとも先端的な、代表的な分野は外科なのです。特に人類第二次世界戦争があって、外科技術飛躍的に進歩したのです。 (ちょっと皮肉ですね)...

この間、恵比寿で健康測定機械があって、楽しみに検査してもらいました。 なんと、血管年齢25です! とても、嬉しくて、やはり長期的に太極拳と気功練習のお蔭で、更に実感しました! ですから、心身健康のため、ぜひ皆さへ太極拳と気功のことをお勧めます!

精気神三位一体の重要性にもっと認識することが必要 なぜ気の概念と存在はそこまで重要なのか? 気は精と神間に懸け橋の存在で、無形無相で(エネルギー)、体と心の中に活躍しているが、しかし気を実感するまで、確かに難しい。じゃあ、なぜ気の認識、理論勉強、気の練習にそんなにしないいけないのか? ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、気功レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ