サイタプログラミングスクールPython入門講座京都 Python入門講座 スクールブログ 笑ってしまいま...

笑ってしまいました

昨日初めてここでブログを書いてみたら、事務局の方からアドバイスメールが着たのですが、AIが送っているかと思うのですが、読んでもらいにくいブログのタイトルの一つにまさに昨日書いたタイトル”はじめまして”がありました。

はじめまして
は普通過ぎて読んでもらいにくいんですかね。
忙しい中で、興味を持って読んでもらうには、目につくタイトルではないということか。

でもいきなりがいきなりで、笑うしかありませんでした。

さて、笑ってしまいましたのタイトルは、読んでもらうきっかけになりうるのかなあ。
先日我が子にコンピュータの仕組みを教えていたら、結構高額なパーツをいとも簡単に壊されてしまいました。でも、普段中に隠れているパーツが見れてうれしそうだったので、良しとしますか。

pythonって多分興味があってもやってみるのは、ハードルが高いと思われるかもしれませんね。でも独学ではなかなかモチベーションを保ちにくい分野だと思います。
だから講師がいることで、つまずくところをそのままでほっとかず、解決していけると思います。まずは私と一緒に一歩始めてみませんか?

笑ってしまいました

(2019年2月28日(木) 11:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

就活準備の学生から社会人まで。レベルや目標に合わせて3つのコースを用意

新着記事

新高校1年生ということは、正確にはまだ中学3年生。 でも、データサイエンスや、pythonに興味があり、習ってみたいと来られました。 若いことの強みは、やっぱり何より記憶力のよさ、 そして、歳を重ねたことの強みは、知恵と経験です。 今恥ずかしがっていたり、迷っていると損をすると...

昨日初めてここでブログを書いてみたら、事務局の方からアドバイスメールが着たのですが、AIが送っているかと思うのですが、読んでもらいにくいブログのタイトルの一つにまさに昨日書いたタイトル”はじめまして”がありました。 はじめまして は普通過ぎて読んでもらいにくいんですかね。 忙しい中で...

サイタで募集を始めたのはごく最近ですが、個人で教えたり、企業に派遣されたりで、講師としての経験は10年以上あります。 卒業された生徒さんもあれば、長らく続けておられる生徒さんもあります。その中には、私自身よりも優秀な生徒さんもおられました。しかし、アイディアを出し合うことで、生徒さんの悩...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Pythonレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ