全国5万人が受講している「サイタ」

iPhoneアプリ開発入門講座・スクール

iPhoneアプリ開発入門講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

プログラミングスクールスマートフォンアプリ開発入門講座iPhoneアプリ開発兵庫 初めてのiPhoneアプリ開発入門 スクールブログ Swiftによ...

SwiftによるiPhoneアプリ開発デビュー

X-code6のbeta版を経て,今はswiftという言語を用いた開発が行えるようになりました.
swiftは,今まで開発言語Objective-Cとは違った,モダンな言語だという謳い文句で発表されましたが,
個人的にやってみてもそうだと感じます.

rubyやJavaScriptのようなスクリプト言語ライクな書き方を採用しながらも,コンパイル言語であると
いう点や,Objective-C時代のUIKitとの接続の考え方の基本形を踏襲しながらも,Optional型などの
採用によるnil型に対する取り扱いの強化など,様々な点で面白いことがあげられます.

しかし,慣れるまでよくわからないという意見があっても不思議ではないと感じています.
これから開発をやってみたい!という方であれば,Objective-Cとswiftのどちらにするかという
話になるかとは思いますが,業務での必然性がない限りは,swiftをおすすめしたいと思います.

私は先日,swift+spriteKitでアプリを作成しましたが,慣れてくると結構サクサクいけました.
本などを参考にしながら,一緒にswiftデビューしませんか?

 

(2015年1月11日(日) 23:06)

前の記事

この記事を書いたコーチ

独学ながらこれまでに25以上のアプリを作成。要点を絞ってレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ