サイタプログラミングスクールスマートフォンアプリ開発入門講座iPhoneアプリ開発兵庫 初めてのiPhoneアプリ開発入門 スクールブログ iPhoneア...

iPhoneアプリ開発に教科書を用いる理由

アプリ開発だけではなく、プログラミングをある程度マスターするには、教科書のようなものを購入してやった方がよいと思います。
プログラマの中には、そういうのなくてもいいとか、無くても全然出来るという人もいるとは思いますが、それに対しては基本的に否定的な意見を私は持っています。
(たぶん、そう主張する人は、他の言語が出来たりするからなのでしょうけど・・・)

教科書を使う理由について、いくつか理由があります。
(1) 自分の進捗状況を把握しやすい。
(2) 何を調べていいのかわからない段階で、ネットで見てもわからないことが多いので、参考書のようなものがあったほうがよい。
(3) 何人かでやろうとしても、どこからどこまでとはっきり明示出来る。
他にもたくさんあります。

私は、基本的なテキストを用いるようにしていますが、それは基本的ではあるものの役に立たないとかそういうことは「全く」ありません。
また、私がみなさんに行間を埋め合わせるような説明をさせていただいたり、適時質問をいただければ、答えられることは何でも答えていきます。

そういうことを通して、一冊一冊こなして自信がついてくると思います。
そして、さらに楽しくなってくると思います。

最初は「何でこんな簡単なことばかりするの?」「どうして同じことの繰り返しばっかりするの?」などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ご無用です。
その方が結果的に、よい結果を生み出します。

プログラミングの会社とかに入れば、OJTなど様々な取り組みがあると思いますが、個人でやってみたいという方には、教科書を一緒にやるという作業をおすすめしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(2014年11月11日(火) 16:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独学ながらこれまでに25以上のアプリを作成。要点を絞ってレクチャー

新着記事

X-code6のbeta版を経て,今はswiftという言語を用いた開発が行えるようになりました. swiftは,今まで開発言語Objective-Cとは違った,モダンな言語だという謳い文句で発表されましたが, 個人的にやってみてもそうだと感じます. rubyやJavaScriptのよ...

アプリ開発だけではなく、プログラミングをある程度マスターするには、教科書のようなものを購入してやった方がよいと思います。 プログラマの中には、そういうのなくてもいいとか、無くても全然出来るという人もいるとは思いますが、それに対しては基本的に否定的な意見を私は持っています。 (たぶん、そう主...

おはようございます。 多くのみなさまが持っておられるiPhoneやiPadの中で動いているアプリは、どうやって作られるのかということについて、少し書きたいと思います。 網羅的ではありませんが、おおまかに分けると以下のようになっています。 (1)ネイティヴコードによるアプリ開発 ...

皆さん、初めまして。 ならびに、ご覧いただき誠にありがとうございます。 私はこの講座を担当している福井と申します。 プロフィールにはいろいろと書いていますが、ここでも改めて自己紹介させていただきます。 高校時代から理数系のクラスに在籍し、大学、大学院ではプログラミングを用いた研...

ブログ記事 ページ先頭へ