サイタプログラミングスクールスマートフォンアプリ開発入門講座iPhoneアプリ開発兵庫 初めてのiPhoneアプリ開発入門 スクールブログ iPhoneア...

iPhoneアプリ開発ってどうやってするの?

おはようございます。

多くのみなさまが持っておられるiPhoneやiPadの中で動いているアプリは、どうやって作られるのかということについて、少し書きたいと思います。

網羅的ではありませんが、おおまかに分けると以下のようになっています。
(1)ネイティヴコードによるアプリ開発
(2)webアプリケーションとしてのアプリ開発
(3)サードパーティー製品を用いたアプリ開発
などがあります。

項目の内容について、詳しいことは述べませんが、私はこのスクールでは(1)を取り扱っています。
mac上で動く、x-codeというソフトを用い、Objective-CもしくはSwiftという言語で開発を行ないます。

今、iOSのバージョンアップはとても速く、新しい技術がどんどん出てきています。
x-codeもどんどんバージョンアップしています。
ですが、基本的な考え方や操作方法は変わっていないこともありますので、基本事項のマスターが、技術を取得する上で「一番の近道」です。
その「一番の近道」を、一緒にやっていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(2014年11月10日(月) 9:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独学ながらこれまでに25以上のアプリを作成。要点を絞ってレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ