パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座PowerPoint大阪 仕事で使うPowerPointの教室 淸水優司コーチへインタビュー

淸水優司コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

仕事で使うPowerPointの教室

情報(IT)は「記録」、「解析(計算)」、「伝達」が三要素と云われています。この中の「伝達」の道具としてPowerPointがあります。

私が以前営業職をしていた時代、会社の「販売マニュアル」では「こうして売れ」というような文章ばかりで、とても顧客に見せるようなものでありませんでした。

自分で稼働写真や収益試算表などをまとめて「営業ファイル」を作っていました。Windows95の時代にPowerPointがOfficeの中にあることを発見し使ってみたところ大変顧客の評判が良いのに驚きました。

プレゼン(Presentation)は紹介と云う意味と共に演出と云う意味もあり、PowerPointは営業の作る「ドラマ」と思っています。売り込もうとしている製品に「思い入れ」があれば既に素材は近辺に存在しているはずです。製品を主人公に作成者が監督で「ドラマ」を作るつもりで、作りあげると必ず顧客に感動が与えられます。

「思い込み」だけでアニメーションを派手にしたプレゼンは感動を与えることはできません。

大切なことはスキルより「思い入れ」なのです。

Q2PowerPoint初心者へメッセージをお願いします!

仕事で使うPowerPointの教室

PowerPointとはどのようなものでしょうか?

ITの3大要素「記録」、「計算」、「伝達」の内伝達を担うものです。

画面一杯に1ページ表示されそこに伝えたい文字や画像を貼り付けるもので、言葉だけでは伝わりにくいところを文字と画像で補足して伝えたい内容を確実にするものです。

幼稚園で横断歩道の渡り方を園児に説明する時に「紙芝居」にしますね。渡ってはいけない「赤信号は」赤色になっていると園児の記憶に深く印象づけられます。

PowerPointを上手に作る秘訣は「伝えたいことを良く推敲して、まとめる」ことです。

Q3PowerPoint上級者へメッセージをお願いします!

仕事で使うPowerPointの教室

・業務で使うPowerPointの例
 1.展示会や店頭デモでの使用方法
   a)スライドショーの設定でクリック操作から自動切り替えにする。同じく「繰り返し」にチェック
b)スライドショーを最終保存型にする
 これで常にスライドショーが順に表れ、終了したら繰り 返し最初に戻り繰り返し実行されます。コマーシャルビデオのような使い方です。
 
 2.社内のコピー兼印刷機が新規に導入されたとき
   共有プリンタの場所などを画面コピーして貼り付け
   簡単な操作方法などを2~3PにまとめPowrePoint で作成し最終保存して、共有フォルダに保存しておく。公開は1か月位でその後共有フォルダから削除する。
 こうしておくと、必要な人は自分のパソコンにコピーし て保存できるし、公開側は一定期間で削除できるのでデータの肥大化が防げる。

このようにPowerPointの使用方法は工夫次第で広がります。ITの3大要素「記録」、「計算」、「伝達」の内、伝達を担うソフとして大きな存在感があります。  
   

PowerPoint(パワーポイント)使い方講座 無料体験レッスン

PowerPoint初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
淸水優司 先生
担当:淸水優司 先生

ページ先頭へ

PowerPoint(パワーポイント)使い方講座を選ぶ

PowerPoint(パワーポイント)使い方講座のご案内

レッスン情報

スクール開校日時

月曜: 18:30〜22:00
火曜: 18:30〜22:00
水曜: 18:30〜22:00
木曜: 18:30〜22:00
金曜: 18:30〜22:00
土曜: 9:00〜22:00
日曜: 9:00〜22:00

twitter

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる