全国5万人が受講している「サイタ」

PowerPoint(パワーポイント)使い方講座・スクール

PowerPoint(パワーポイント)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座PowerPoint東京 PowerPointビジネス活用講座 スクールブログ 企画書12Pの...

企画書12Pのマトリクス例です

PowerPointを使おうという人、いろんな目的がおありでしょうが、まず、最も多いのがプレゼン資料、企画書を作るということではないでしょうか?

企画書を使って、人に説明するとき、どれぐらいの分量がいいのでしょうか? ぶ厚い企画書を作って、一人で何時間もしゃべる、ということはないでしょう。いいところ、30分ぐらいの時間ではないでしょうか? 

そうすると、適当な量は(経験値ですけど)10P~12Pぐらいではないかと思います。そのなかに、どんな順番で、どんな項目を入れた方が良いのが? 簡単なマトリクスを画像で置いておきます。PowerPointを使うときの参考にしてください。

企画書12Pのマトリクス例です

(2015年8月10日(月) 12:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

企画書・プレゼンに関する書籍を20冊出版!実践的なノウハウをお伝え

PowerPointビジネス活用講座
藤木俊明 (PowerPoint)

渋谷・上野・秋葉原・御茶ノ水・飯田橋・市ケ谷・北千住・押上・九段下・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ