サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座PowerPoint東京 PowerPointビジネス活用講座 スクールブログ はじめまして

はじめまして

はじめまして。コーチの藤木俊明です。

PowerPointは、ひょっとしてもっともビジネスでよく使われるソフトウェアかも知れません。ところが、何となく見よう見まねで覚えたり、先輩や同僚のファイルを使って、同じようなものを作ってみたり…。

PowerPointは、あなたのプレゼン資料や企画書をつくるのに最適なツールです。そのできあがりで、あなた自身の評価が変わるかも知れません。

PowerPointの使い方をお教えしながら、「通るプレゼン資料のつくりかた」をぜひコーチしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

(2015年8月8日(土) 11:23)

次の記事

この記事を書いたコーチ

企画書・プレゼンに関する書籍を20冊出版!実践的なノウハウをお伝え

新着記事

ビジネス資料や企画書をつくるとき、「グラフ」を使いたいですよね。しかも、カラーリングしたり、立体的に見せたり、ひと言で言えば「かっこいいグラフ」が欲しいと思うでしょう。 わたしの世代だと、グラフを作るならまずExcelでした。Excelでグラフを作り、PowerPointのスライドに貼り...

前回のブログで「文字が打てて、マウスが使えれば大丈夫です」といったのはホントです。PowerPoint2010や2013では、見栄えがいい資料や企画書が速く作れるSmartArtという機能があるのです。 SmartArtを使えば、文字を打ち込んでいけば、あっというまに複雑な図解を作ること...

企業や官公庁の資料は、以前はWordで作られたものが多かったのですが、最近はPowerPointで作成されたものが増えてきました。どこの企業や官公庁も、PowerPointが使えることが当たり前になってきたようです。 これから就職活動をされるみなさんも、身につけておいた方がいいソフトでし...

PowerPointが愛される理由の一つが、「画像が使いやすいこと」だと思っています。たとえば、Wordで画像を使おうと思ったら、なかなかまくいかず苦労した、ということはありませんか? PowerPointは、画像つまり写真や図を使いやすいソフトです。しかも、PowerPoint2007...

PowerPointを使おうという人、いろんな目的がおありでしょうが、まず、最も多いのがプレゼン資料、企画書を作るということではないでしょうか? 企画書を使って、人に説明するとき、どれぐらいの分量がいいのでしょうか? ぶ厚い企画書を作って、一人で何時間もしゃべる、ということはないでしょう...

ブログ記事 ページ先頭へ