全国5万人が受講している「サイタ」

ポルトガル語教室・ポルトガル語講座

ポルトガル語教室・ポルトガル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ポルトガル語教室東京 ラテンのリズムでポルトガル語 スクールブログ バカンス4

バカンス4

さあこの日はリスボンのちょこっと南のセトゥーバルの隣の小さな町(村!?)、アゼイタオンにアズレージョ工房があるそうなのでそちらへ行ってみる。

バスでアゼイタオンに降り立つと、すぐ目の前にジョゼ・マリア・ダ・フォンセカのワイナリーがある。
でも朝早くて開いてないからアズレージョ工房に行こうかな、でも歩くと1キロぐらいあるらしいのでバスを待ってみるけどいっこうに来る気配なし・・・
歩くか(^^;)

一本道やから迷うこともないしゆっくり歩き出すと、進行方向左側に葡萄畑がど~~~~んと広がっていた。
ヘレスでもこんなに大きい畑は見てないから、感動した。
ず~~~っと葡萄畑は続き、工房近くになるとこんどはオリーブの木が並んでいた、まさに南ヨーロッパって感じ(^^;)

んで、アズレージョ工房に到着。こちらもどうもまだ開いてない様子。もうちょっと待つかと思ったらおっちゃんが入り口から出てきたので見学してもいいか聞くと快くOK♪
軽く説明してもらって工房の中に入ると、もうすでに職人さんが作業を始めていた。
女の人やったけどやっぱ職人さんは人は苦手なのか無愛想だった・・・(^^;)

ということでさっきのおっちゃんにまたいろいろ説明してもらった。
柄を描くときは木の棒を添えて手が動かないようにするとか、思った色ができるまで何べんも作り直してその配合をここ(脇の机)に残しておくんだよとか。
それからは邪魔しないように写真をパチパチして、おいとまいたしました。

来た道をワイナリーに向かって帰りますー。
オリーブ畑、葡萄畑を過ぎてバス停まで戻ってくるとワインセラーにはもうけっこうな人がいらっしゃいました!
ということで早速受け付けをすると、今度は英語のツアー。でっかいおばちゃんたちグループと一緒になった。
100年以上の歴史があって、いまやポルトガルでもかなり有名なワイナリーということもあってでかいし、昔の貴重なボトルも見せてもらいました。

この日の遠出はこれで終了、リスボンに戻ってきてゆっくりする。それまで行ってない区域を散歩して教会に入ってみたり、お土産を探してみたり、写真をパチパチしてみたり、夕暮れはサンジョルジェ城とともにリスボンの町を見渡せるバイロアルトの広場ですごす。

けっこうゆっくりとした日で前日走ったからよかったかな♪
翌日はシントラにバモス☆

バカンス4バカンス4

(2013年5月26日(日) 17:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学でポルトガル語を専攻。ポルトガル語圏の文化や慣習も楽しく学べる

ラテンのリズムでポルトガル語
泊直樹 (ポルトガル語)

東京・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・池袋・巣鴨・上野・秋葉原・...

ブログ記事 ページ先頭へ