音楽教室ピアノ教室東京 由紀子ピアノ教室 レッスンノート

由紀子ピアノ教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ショパンノクターン
だいぶロマンティックに弾けるようになってきましたね。メロディーとハーモニーのバランスには常に注意しながら演奏してみて下さい。難解な部分は、自分の音をよく聴きながら演奏してみて下さい。
熱情
熱情の2楽章はバリエーション形式になっていますね。 左手にメロディラインがきたり、左手のリズムが細かくなっていっても、テンポ、拍の速さがぶれないようにコントロールする事を気をつけながら演奏され...
練習について
モーツァルトもショパンもとても内容の深い曲ですね。 片手ずつ、丁寧にさらいながら、1フレーズごとに組み立てていく練習を 繰り返していって下さい。 ショパンは、パデレフスキ版を見てみる事をお...
モーツァルトソナタK332 ショパンノクターンOp48-1
モーツァルトのソナタは、フレージング、指づかい、リズムなどに気をつけながら片手ずつよくさらってみて下さい。両手で弾く時には、メロディとハーモニーのバランスなどに気を配りながら、丁寧に左右を組み立...
ベートーヴェンのソナタは、まず何よ...
ベートーヴェンのソナタは、まず何よりもハーモニーを大切に、ペダルを多めに使いながら演奏してみて下さい。ハーモニーの色、変化を感じながら、フレーズの発展、呼吸なども、1つ1つ丁寧に、構成を考えなが...
メロディとハーモニー、伴奏のバラン...
メロディとハーモニー、伴奏のバランスは前回よりもよくなっていたと思います。 左手にメロディが出てくるところは、よく歌って弾けるように何度もさらってみて下さい。分散和音のところは、かたまりでつか...
本日はレッスンお疲れ様でした。...
本日はレッスンお疲れ様でした。 シューマンのソナタはテクニック的にとても難しい曲ですが、メロディーと分散和音のバランス、音色のコントロールなど、音楽的な事も大切に練習されてみて下さい。 左手...
シューマンの音楽は多声部で書かれて...
シューマンの音楽は多声部で書かれている作品が多いのですが、1声部ずつさらい、止まらないで弾けるまでさらって下さい。各声部の横の流れがつかめてきたら、ソプラノ+アルト、ソプラノ+バスという風に、少...
本日はレッスンお疲れ様でした。...
本日はレッスンお疲れ様でした。 1つ1つのテクニックを丁寧に習得出来るように頑張って下さい。 第3バリエーションでは、フレーズの最後で力を抜く事を忘れずに、空間を広く使う事を心がけて...
クライスレリアーナの第1曲、右手は...
クライスレリアーナの第1曲、右手は高度なテクニックを必要とするパッセージですが、だいぶ安定感が出てきていると思います。 アクセントを意識しながら、ゆっくり丁寧に、時にはペダルなしで練習する事を...

由紀子ピアノ教室のレッスンノート ・・・計13件

由紀子ピアノ教室 ページ先頭へ