サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ レッスンノート

ピアノ教室~peu a peu~レッスンノート(19ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・循環コードを使う ・伴奏はコードのベース音を使う ・調が変わる時、変わる調のⅤの和音を弾く
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・アルペジオは分解して練習する …わかりやすい箇所で切り、音形別に細かく弾く。場所によってはスタッカートを入れる ・緊張感を持たせるため、音をギリギ...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・弾き始め、最初の音色を意識する ・力みを感じたら指をぬく ・ペダルを浅く踏み、踏み替えをスムーズにする ・親指は優しく弾く ・音符の長さ分、し...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・パターン化している箇所は手で覚える …リズムや和音の幅など ・ポップス系は音名はD,Cではなくレ、ドなどイタリア音名で表記しましょう ・右手は拍...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・両手のアルペジオ、和音や指をはじく練習などでポジションを覚える ・終止形、CDを聴くなどしてテンポのバランスを少し工夫してみる ・3連符の流れを感...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・細かく区切って練習する ・片手ずつ練習する時は音の移り変わり、メロディーラインなどその都度ポイントをおさえ、ポジションで覚える ・譜読みの段階では...
お疲れ様でした!鍵盤や椅子...
お疲れ様でした! 鍵盤や椅子はご自身が弾きやすいもので。 教材はハノンまたはスケールメイトで、いずれにしてもスケールから始めてみましょう。
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・細かいアーティキュレーション(スラーやスタッカート)を正確に ・左がメロディーの時は右で雰囲気をつくる ・fは叩くのではなく、広がりを意識する ...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・コードの構成音を確認 …五線譜に書き出してみる ・指示が無ければ和音は基本形で (展開形のF/Cとあれば下からド、ファ、ラになります) ・右手...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・3〜4ページ、音が多いところほど腕で運ぶように弾く。指先だけの力で弾かない ・♯に調が変わったところ、右手のとぶ部分部分練習。その時、ゆっくり弾...

ピアノ教室~peu a peu~のレッスンノート ・・・計317件

ピアノ教室~peu a peu~ ページ先頭へ