音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ レッスンノート

ピアノ教室~peu a peu~レッスンノート(11ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・細かいアーティキュレーション(スラーやスタッカート)を正確に ・左がメロディーの時は右で雰囲気をつくる ・fは叩くのではなく、広がりを意識する ...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・コードの構成音を確認 …五線譜に書き出してみる ・指示が無ければ和音は基本形で (展開形のF/Cとあれば下からド、ファ、ラになります) ・右手...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・3〜4ページ、音が多いところほど腕で運ぶように弾く。指先だけの力で弾かない ・♯に調が変わったところ、右手のとぶ部分部分練習。その時、ゆっくり弾...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・最初の部分、慣れてきたらまずインテンポで弾けるように ・長調になる部分、右は指づかいとフレージングで覚える。左は細かく切ってポジショニングとベースラ...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・音符、休符の種類 ・コードの構成音、確認 ・指使い
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・休符でブレスをとる。緊張感がでるのでしっかりと ・最初から一定のリズムで (ミレ♯ミレ♯ミ〜が少し速い) ・ハーモニーごとに練習、和音でおさえる...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・深いタッチで ・アーティキュレーションを忠実に (スタッカート、スラーなど) ・ゆっくり練習する時ほど丁寧に ・緊張感をもって ・左手も歌う...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・慣れてきたパッセージはフレーズ感を意識する。(終わりを静かに、また同じパッセージがきたら音量や速度に変化を) ・Pやfなどの表記を確認 ・♯に変わ...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・左手のアルペジオは和音で押さえてポジションを手で覚える ・右手のでだし、4,5の指は弱いので鍵盤に対して至近距離で ・同じ音形やフレーズがきたとき...
お疲れ様でした!それでは復習で...
お疲れ様でした! それでは復習です。 ・基本的なコードの性質を学ぶ …メジャー、マイナー、ディミニッシュ、オーギュメント ・それぞれの響きを耳と手で覚える ・終止の前に転回形を持っ...

ピアノ教室~peu a peu~のレッスンノート ・・・計230件

ピアノ教室~peu a peu~ ページ先頭へ