音楽教室ピアノ教室神奈川 弥生ピアノスクール レッスンノート

弥生ピアノスクールレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

目標に向かって!
 レッスンお疲れさまでした。レッスンを受ける目標がはっきりされているので、とても前向きにレッスンできましたね。今日はいくつかのタイプのテキストを試してみましたが、どんなものを使っても、楽譜に慣れ...
ドビュッシー
 レッスンお疲れさまでした。  今日からドビュッシーの世界ですね。  今日の一番のポイントは、アルペジオと旋律の間に所々保持して弾く長い音価の音が入っていることを意識することでした。ペダルを...
曲想とテンポ
レッスンお疲れ様でした。「カノン」の、だんだん音数がふえていき、また減っていってエンディングに向かう、という構成の中で曲想を生かして演奏するために、一番音数の多い真ん中の部分に合わせたテンポで弾...
ペダリング
レッスンお疲れ様でした。 今日はパッヘルベルの「カノン」を中心にレッスンしました。 繰り返される低音のラインを意識しながら右手を展開していくことがこの曲では大切で、そのために”旋律を切らさな...
曲からイメージするストーリー
今日はショパンのワルツの曲想表現について主にレッスンしました。ワルツの規則的なリズムにのせて、フレーズごとのテンポの揺れや強弱を生かした弾き方をすることによって、演奏がぐっとドラマチックに、スト...
それぞれの音の役割
レッスンお疲れさまでした。「アヴェ•マリア」歌を意識してとてもきれいに弾けましたね。特に原曲がピアノ曲でないものは、弾いている音がどの楽器(または歌)の役割を担っているのかをイメージすることが、...
音の役割
暑い中、レッスンお疲れ様でした、 今日はまず「ジムノペディ」仕上げをしましたね。主に左手で弾くベースと和音で動きをつくって、その上にメロディをのせていくような音量のバランスで弾くことは難しかっ...
それぞれの音の役割
レッスンお疲れ様でした。 曲想を大体つかまれて上手に弾かれていました。 左手のベース、主に左手ですが時折右手で弾く和音、それにのせて単音で動く右手の旋律…この3つの役割を把握しつつ、曲全体の...
曲の中にあるたくさんの要素
レッスンお疲れさまでした。今日はトルコマーチをメインにレッスンしました。有名な曲ですが、弾いてみると様々な技術が必要な要素が散りばめられている、すごい曲だということがあらためてわかりましたね。私...
新曲!
レッスンお疲れさまでした。 今日は今まで取り組んできた曲のまとめと新しく取り組む曲の解説をしました。 今まで取り組んできた曲は、左手の動きがやや難しく、簡単にした形で弾きましたが、小節ごとの...

弥生ピアノスクールのレッスンノート ・・・計82件

弥生ピアノスクール ページ先頭へ