音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism レッスンノート

ピアノ教室Pianismレッスンノート(46ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

「真昼の月」2小節ずつの練習が...
「真昼の月」 2小節ずつの練習が功を奏したようで、かなりなめらかになりました。後半もこの調子でがんばってみましょう。 "枯葉"部分も同様に。 「Are You Allright」 構...
・ハノン48番 3度の和音△ ...
・ハノン48番 3度の和音△  おしいところです。自信持って弾ければ行けるようになるでしょう。 ・ブルグミュラー「舟歌」  3小節目、6小節目の出だしの和音を覚えましょう。  8小節...
「真昼の月」ピアノパターン見直し。...
「真昼の月」ピアノパターン見直し。 サビ部分の練習は、一気にやろうとするとなかなか前に進めません。 「1日2小節!」などと、細かくてかまわないので地道に、しかし確実に積み重ねて行くことで最終...
『Desperado』コードアレン...
『Desperado』コードアレンジ 非常にきれいな和音をたくさん探すことが出来ました。 この「響きを探す」ということが非常に重要です。 また、その響きを書き残すことで、だんだん「きれ...
・ハノン44番○ 勢いがつきす...
・ハノン44番○  勢いがつきすぎて隣りの音に浸食しないようにだけ、気をつけましょう。   ・ツェルニー7番  2小節目などに出てくる右手のオクターブでのスラーの形をうまくマスターしまし...
・ハノン48番 両手の動きがユ...
・ハノン48番  両手の動きがユニゾンから対称な動きに変わって行く時に慌てないように。余裕を持って弾けるところまでいきましょう。 ・ブルグミュラー「天使の声」○  とてもきれいに弾けま...
・ハノン43番○本当は、もっと...
・ハノン43番○ 本当は、もっと速く弾けるようになれればさらによし、です。 ・ツェルニー6番○ 後半部分における左手のベースラインとか、エンディングに向かう右手の最高音部とか、そういう...
・ハノン48番同じ音を続けてる...
・ハノン48番 同じ音を続けてる時の手首の柔らかさはよいのですが、動き出すと固まりがちです。動いても柔らかくいられるように。 鍵盤の幅を少しずつ体に取り込めるような意識を持ちましょう。 ど...
・ハノン47番○・ブルグミュラ...
・ハノン47番○ ・ブルグミュラー「天使の声」  この曲は、ペダルの指示をはずして考えていいです。  全体的にフレーズのふくらませ方をいろいろと考えて行きましょう。特に中間部の山の作り方は...
「No-No」の伴奏パターンの考察...
「No-No」の伴奏パターンの考察。 バンドアレンジでのリズムのアクセントと、今の時点でのメロディの符割が、それぞれが喰い込む形になってるので、弾き語りでやると非常に難しいかもしれません。伴奏...

ピアノ教室Pianismのレッスンノート ・・・計925件

ピアノ教室Pianism ページ先頭へ