音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism レッスンノート

ピアノ教室Pianismレッスンノート(31ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

・ハノン57番 ニ短調と変ロ長調○...
・ハノン57番 ニ短調と変ロ長調○ ・湯山「童話」  全体の譜読み、おつかれさまでした。  後半部分は音に慣れるまで、前半より多めに見るようにしましょう。  また、D.C.前の4小節...
・ハノン53番 変ロ長調/ト短調○...
・ハノン53番 変ロ長調/ト短調○ ・ツェルニー40 11番○  きれいに弾けました。  「sf」や「ff」の弾き方は、今後にも役立てて行きましょう。 ・「月の光」  全体的に...
現時点で、ト音記号の譜読みはかなり...
現時点で、ト音記号の譜読みはかなりのレベルまでできています。 また、指の力もかなりあることと、手の形がきれいなのが大変よいことです。 今後進めて行くのに必要なのは以下の点となります。 ...
・ハノン57番 ニ短調 もう1週...
・ハノン57番 ニ短調 もう1週 ・湯山「童話」  同じ音が続く時に、はっきりと鳴らし直せるように心がけましょう。  後半の転調部分、右手と左手のバランスをうまく考えられててよいです。...
『青い影』実践編。まず最初...
『青い影』実践編。 まず最初に。 オルガンの音色は減衰して行かないので"ロングトーン"の方が得意な音色です。 逆に、音色が幅広(という表現が正しいかわかりませんが)でピアノのように細く...
・ハノン53番 ハ長調〜ニ短調○ ...
・ハノン53番 ハ長調〜ニ短調○ この調子で。 ・ツェルニー40 11番  指の動きはかなりいい感じです。  ここに、さらに強弱をつけられるようにしましょう。  特に「sf」「ff」...
・ハノン57番 ニ短調 もう1週。...
・ハノン57番 ニ短調 もう1週。  片手ずつ弾いてみたり、両手親指だけ弾いてみたり、いろいろと試しながら、音の位置をなぞれるようにして行きましょう。 ・湯山「童話」  この曲のメロデ...
・ハノン57番 ヘ長調 若干おまけ...
・ハノン57番 ヘ長調 若干おまけで○ ・湯山「童話」 譜読みができてる部分は大方大丈夫です。 全体的に、油断すると左手が大きく出て来てしまう伴奏パターンなので、左右のバランスをうまく...
『カウントダウン』伴奏の形の考...
『カウントダウン』 伴奏の形の考察。 イントロ=アウトロは和音を鳴らした後に、少し高めの単音を鳴らす、という具合のパターンで弾いてみましょう。 Aメロは和音ごとに白玉で鳴らせば大丈夫です(...
「空も飛べるはず」ピアノパート作成...
「空も飛べるはず」ピアノパート作成○ サビ以降の流れですが、ちょうどよい和音感を持ちながら進んで行かれて、基本部分はよいと思います。 今回直したのは、以下の状況の音ですね。 ○和音で押...

ピアノ教室Pianismのレッスンノート ・・・計911件

ピアノ教室Pianism ページ先頭へ