音楽教室ピアノ教室レッスンノート スケール、コード進行、曲合わせ

スケール、コード進行、曲合わせ

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

〜体験レッスン〜
小学生の頃ピアノをやっていた経験があったとのことで、初見の楽譜でも読みながら弾くことができていました!
繊細なタッチな印象でした(^ ^)

◯スケール
はじめは指の力加減にばらつきがあったのですが、少し助言をするだけですぐに直り、何度か練習をしていただくと
両手でとても綺麗に弾けるようになっていました。

◯コード進行(ハ長調)
JPOPによく出てくるコード進行をお教えし、一緒に練習(左手での和音)しました。
回数を重ねるごとに、スムーズになっていきました。
和音の練習が主だったのですが、ご自宅ではお渡ししたメモを元に単音ずつ弾く練習をお願いしております。

◯ジブリ 千と千尋の神隠し「いつも何度でも」
猫の恩返し「風になる」
上記のコードを左手で弾いていただき、私は右手メロディを弾き連弾。
右手の音をよく聴けていて、合わせようという気持ちが感じられました。
右手のメロディにつられず、きちんと弾けています。

☆今後☆
楽譜を見ながら、両手でスムーズに弾けるようになること。

ジブリの曲で、楽しく練習していきましょうね(*^o^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

耳コピでの即興演奏・弾き語りも得意!的確な練習法で着実にスキルアップ

ねねのピアノ教室
井川ねね (ピアノ)

新橋・新宿・池袋・有楽町・中野・新宿三丁目・門前仲町・葛西

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta