サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 ピアノ教室Pianism レッスンノート ・ハノン60番 最初8小節 右...

・ハノン60番 最初8小節 右...

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・ハノン60番 最初8小節
 右手に黒鍵の和音が出てくると、その和音がばらけがちになります。
 また、左手の一番低い音がうわずらないよう、意識しましょう。

・湯山「ゴーカート」
 かなり完成に近い状態まで来てます。
 これで、全体のメリハリを利かせましょう。
 大きくするポイント、アクセント、ふと力を抜くところ。
 特にアクセントの後、勢いづいたまま強い音が鳴ってしまわないよう、
 うまく調整してみましょう。
 あとは一番最後の「sff」の音をさらに精度あげて。

 全体通して最後まで勢いを殺すことがないよう、引っ張って行きましょう。
 (テンポが緩んだりするとそこでブレーキをかけてしまいます。)

・チャイコフスキー「あたらしいお人形」
 かなりよいです。
 これで、真ん中部分や終わりに向かう部分での、右手の8部休符を
 うまく表現できるようにタイミングをうまくつかみましょう。
 左手の2つ目の音を鳴らすと同時に右手は離す、というのがベストなタイミングです。

 「マズルカ」
 この曲は、拍をいかに上手に把握するか、が肝です。
 特に各セクションまとめの3小節は、1拍の中にどの音が入ってるか、うまくとらえましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

・ツェルニー30の練習曲 「9番」  音もしっかり読めているので、あとは速くして行くのみです。  おそらく左手の速い動きがなかなか大変だと思うので、  練習前に「ドレミファソファミレ/ドレミファソファミレ」と  5指を行ったり来たりして次第に速く動かして行く、  という練習をしてみま...

・ツェルニー30の練習曲 「9番」  音はしっかりつかめるようになりました。  前半はテンポを上げて行かれるように練習しましょう。  後半は、さらに音に慣れるように弾きましょう。 ・チャイコフスキー  「辻音楽師」△  ほぼ○です。気持ちを焦らせることなく、優雅で楽しい雰囲気で...

・ツェルニー30の練習曲   「8番」○きれいに弾けました。  「9番」  左手のヘ長調のスケールで「ファ」から始まるスケール、「ド」から始まるスケールで、  ほぼ出来てます。練習前に軽く、スケールを弾いてみてから取りかかると弾きやすいかもしれないですね。 ・チャイコフスキー...

新曲のコードづけ、および全体の構成の考察。 いつものように、コード展開は一例であるので、 実際に歌と合わせて行く中で、違うな、と思うことがあれば またあらためて考えましょう。 サビ部分の後半のメロディは、今回の展開に合わせて調整をしてみてください。

・ツェルニー30の練習曲  「8番」  動きもテンポもほぼOKです。  あとは全体の強弱を構築してみましょう。  「9番」  左手の「ヘ長調」のスケールを行ったり来たりできるように、  慣らしてみましょう。  左右別々に読んで、それぞれの音をうまくつかめてから、  両手を合...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta