全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノスクール・コモド スクールブログ GWも始まりま...

GWも始まりますね。

こんにちわ! 講師の宮本です。

今日はとても良い天気で過ごしやすかったですね。

もう少しでGWも始まります。

皆さんは何処か旅行に行くとか遊びに行く予定はありますか?

私は全く予定がありません(笑)助けて下さい(笑)



今日は私のピアノとの出会いを書いてみたいと思います。

私がピアノと出会ったのは3才か4才の頃です。
4才上の兄が先にピアノを始め、兄のレッスンに付いて行った事が始まりでした。

当時の記憶はありませんが、しょっちゅうピアノの横でレッスンの邪魔をしていたそうです(笑)迷惑な子供ですよね・・


私の先生は元々ピアノ専攻の先生では無く声楽専攻の先生でした。
なので、あまりピアノが得意と言う訳ではなく、「こういう風に弾いて」という指示も全て歌って教えてくれました。

なので良くピアノのレッスンで耳にする「ここのメロディーはもっと歌って!!」と言う表現方法はかなり鍛えられたかと思います。
逆に言えばそれ以外の表現方法はあまり得意では無い・・(泣)

それから高校入学までその先生にお世話になったんですが、表面的な事(歌うことだったり、技術面)に重点を置いてしまい、
あまり基礎的な事をやってこなかったので、高校に入ってからとても苦労しました。

やはり何事も基礎が大事!

バスケットだってドリブル、パスがとても重要ですよねっ!


しかし基礎練習は同じ事の繰り返しで飽きて来てしまうと言うのが難点です。

私の場合は直ぐに飽きてしまうので、リズムを変えてみたり、強弱を付けてみたり、88鍵あるピアノをフルに使って、端から端まで
1オクターブずつずらして練習してみたりします。

やはりそれぞれ人にあった練習方法がありますので、一緒に探しながら頑張って行きましょう^^


ピアノスクール・コモド  講師 宮本。










 

(2010年4月26日(月) 18:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バイオリン、劇団!幅広い経験が可能にした多様なアプローチ

ブログ記事 ページ先頭へ