サイタ音楽教室ピアノ教室兵庫 ビギン・ポピュラーピアノ教室 スクールブログ アドリブ演奏の...

アドリブ演奏のオツコツ

こんにちは! 講師の竹内です!

だいぶ更新が空いてしまいました。というのも、なかなか忙しかったからでして……。いい訳ですけど(笑)

「どうやったら、アドリブ演奏が上手になれますか?」

という問いをよく頂きます。これは非常にいい質問です。

楽譜の世界から解き放たれて、自由に弾くのがアドリブである、とは言うものの、やはりボク達は表現するのにも拠り所を必要とします。

普段、友達や、あるいは恋人とお話をしますよね? その時、言葉を知らなかったら、伝えたいことも伝えられませんよね、当たり前ですが。

アドリブ演奏に関してもやはり、会話での言葉にあたる、コード・スケール理論を少なからず必要とします。

これは体系だった学問ですから、修練さえすれば身に付けることができます。難しいのは、伝えたいこと、の方。

伝えたいこと、表したいことを、言葉ではなくて音にする。そこがひとつの肝なんじゃないかと思います。その訓練はズバリ、アドリブをまずやってみることです。

アドリブが上手になるために、アドリブをする。何だか物凄く逆説的な物言いですが、どうやらこれに尽きるようです。

上手に弾けない、と嘆く生徒さんのお話を聞くと、

「何だか間違ったものを弾いている気がする」

という回答が多いんです。この「間違っている気がする」というのがポイントです。

幼い頃からボク達は学校に通い、授業を通じて音楽と出会います。そこでは、自由に唄うとか弾くとか、そういった即興演奏を実践していることはほとんどなかったし、今でも少ないように思います。ボクもそうでしたし。

だからですね、間違っているように感じる、というのはまだ免疫が発達していないだけで、詰まるところ、何も間違ってなんかいないんです。だってそれは、他ならぬあなた自身が奏でている音楽なんですから。

音楽を通じて、自分の言葉を探す。そのことさえ掴むことができれば、あなただけのアドリブ演奏になってくれるはずです。

体験レッスンではその辺り、インタビューなどを交えながら、ゆっくり、かいつまんでお伝えしたいと思いますので、ぜひお問い合わせ下さいね。文章だけではどうしても伝えきれないんですね。なので、ぜひぜひ!

では、素晴らしい音楽ライフになることを祈っています!

 

(2010年5月7日(金) 1:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

社会人から再チャレンジした先生だから教えられる効率的な練習法!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

Nearness of Youという曲です。バラードは空間が空きやすいですが、ピアノの美しさがよく現れるところでもあります。 <iframe title="YouTube video player" width="480" height="390" src="http://www.y...

こんにちは! 講師の竹内です! ジャズピアノを弾いてみたい人の多くには、 「ピアノソロでかっこよく弾きたい」 という欲求があるようです。 ピアノソロ、ボクも大好きです。誰にも邪魔されずに、自分だけの演奏に没頭できる。男の人が自分だけの書斎を持ちたいと願う感覚に、結構近いものがあ...

こんにちは! 講師の竹内です! だいぶ更新が空いてしまいました。というのも、なかなか忙しかったからでして……。いい訳ですけど(笑) 「どうやったら、アドリブ演奏が上手になれますか?」 という問いをよく頂きます。これは非常にいい質問です。 楽譜の世界から解き放たれて、自由...

前回の記事で、 「次回はコードについてもう少し迫っていきます」 と予告したのですが、 今回は難しい話の合間の休憩ということで、 歌について考えてみたいと思います。 ピアノやギター、ヴァイオリンなどの 楽器だけによる演奏曲を インストゥルメンタルと言いますが (略して「インス...

前回は恐ろしく観念的な話になってしまったので、 今回は和音の理論のことを 説明してみようと思います。 その前に、キーについて少しだけ。 キーは、知っていますか? 曲にはあらかじめ定められた キーというものがあるんです。 ハ長調、またはCメジャーなどと言って、 全部で十二...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ