全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ スクールブログ 条件はございま...

条件はございませんっ!


こんばんは☆雨が降ったり、寒さが戻ったりで毎朝着るものに困っている江尻です。





私はよく
『手が大きくて、ピアニストさんの手をしてるね』
と言われます。

確かに手が大きいと演奏にとても役立つと思われがちですね。
しかし、手が大きい私でもラフマニノフやショパンなどを勉強していると


『ロシアの手の大きな男性の書いた曲なんか、届くはず無いじゃないか!』
『あぁ、彼は指の神経からピアニストだったのね・・・』


と、つぶやく事もあります。



思い描くように演奏できるまでには、練習がとても大切です。
しかし、いくら練習を重ねても上達の手ごたえが感じられない時があります。

そんな時
『私、やっぱり向いてないのかしら・・・』
と落ち込んでしまいがちです。




人の手は大きさ・形・神経のつくりなどが異なり、十人十色。
どうしても 《得意な場所》《不得意な場所》 がでてきてしまいます。








最初は自分の手がどういう手なのか判断するのは難しいと思います。

私も小学校から指導していただいている先生に、高校にあがって初めて
『江尻は可哀想に、僕に似て神経が絡まりあってる手をしているんだね。』
と言われてしまいました。(ショック!!)


しかし、その分学生時代は徹底して私の手にしかできない“武器”を身につける教育をして頂きました。
また、非常に不器用ではありますが結構大きな手なので、そこを生かす曲を研究したり。

そのおかげで、自分の演奏の特徴を自信を持って言えるようになりました。

ちなみに私の特徴は“情熱的”でございます♪
長所は“音楽的”なところです。



みつけるまでには多少の時間が必要になりますが、それを普段の練習のなかで少し頭の中に入れておいてあげると、行き詰ったときに自分を肯定する余裕ができると思います。



でもまずは何よりも、
この曲が弾きたいっ
という気持ちが一番です☆


そろそろ4月、心機一転 新たな自分で今年度も頑張りたいと思います!

では☆

 

(2010年3月30日(火) 0:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラテンバンドでも活動!あなたの興味を大切に育てるサポート

ブログ記事 ページ先頭へ