サイタ音楽教室ピアノ教室埼玉 規子のピアノレッスン スクールブログ 最初が肝心

最初が肝心

こんにちは!
サイタの講師 田熊規子(たくまのりこ)です。
今日はタッチのことについてお話したいと思います。

音はは大きいけど、打ち付けたような音で、手首をガクガクして弾いている。

このような演奏を聴いたことありませんか?

その弾きかたちょっと心配です。

特に幼児は、ピアノの鍵盤が重いし、指が柔らかいので、音を出したいと思うと、手首から引っ張って音を出す、いわゆる「うで弾き」になりがちです。

でも、最初は大きな音を出すことより、手首を安定させて、手を丸くし、指を立てて、指で弾くことが重要です。
この弾き方が癖になってしまうと、手首で引っ張るので指が伸びてしまい、速いパッセージが弾けなくなってしまいます。音階の指くぐりも手首を上げて親指がくぐったかと思うと、ドスンと親指で落ちて、アクセントがついてしまい、滑らかに弾けないでしょう。

そういうことにならないよう、先生を選ぶ事が大事です。

最初が肝心ですよ!

 

(2018年6月21日(木) 15:50)
この記事を書いたコーチ

多数のコンサート、演奏会に出演。あせらず、楽しく、指1本からスタート!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは! サイタの講師 田熊規子(たくまのりこ)です。 今日はタッチのことについてお話したいと思います。 音はは大きいけど、打ち付けたような音で、手首をガクガクして弾いている。 このような演奏を聴いたことありませんか? その弾きかたちょっと心配です。 特に幼児は...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ