サイタ音楽教室ピアノ教室神奈川 ゆかりのピアノ教室 スクールブログ 「ドはドーナツ...

「ドはドーナツのド」の由来☆

ド~はドーナツーのド~♪
このドレミの歌は子供の頃 よく歌いましたね。音に名前をつけて歌うドレミの名付け親は誰なのでしょうか?
それは、グイード・ダレッツォと言うイタリアの修道士さんで、歌を覚える方法を頭をひねって考えたようです。なんせ、当時は まだ楽譜やCD、ラジオもなかった時代で かなり苦労したそうですよ~。
ある日、彼は讃歌の歌詞である点に気付きました。次のように7つの節から成るものです。(…の部分は省略します)
1 Ut…
2 Resonar…
3 Mira…
4 Famuli…
5 Solve…
6 Labii…
7 Sancte…

2~6番の歌詞の出だしが レ・ミ・ファ・ソ・ラ になってますね~!しかもドレミの歌のように1音ずつ上がっていくメロディーになっています。こうして歌詞と出だしの音を結びつけて名前をつけました!
順番にウト・レ・ミ・ファ・ソ・ラ あれ?ドとシがない !!
まず ウトは言いずらかったので後にドとなりました。
7番目の歌詞で Sancte Johannes の2つの単語の頭文字 S Jですが、J (j) を i に変えて Si(シ) となったのです!
こうして「ドレミファソラシ」と階名ができました。

先ほど ドはウトから言い変えたとありましたが…ここからが今回のテーマです!
ドは本当に「ドーナツのド」だったのでしょうか !?

実は…Dominus(ドミナス)の ド なのです! ドミナス=主の意味で、中心となる大切な音としてドが主音となったのです! ドの由来はドーナツではなく、ドミナスのドが正解です!
私は、「ドーナツのド」の方が言いやすくて好きですが、「ドミナスのド」と語ったら ちょっと自慢できるかな… (^^)v

 

(2018年6月12日(火) 12:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中学の音楽教諭の免許あり。子育て経験を活かして、お子さまのレッスンも

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

皆さん こんにちは♪久しぶりの更新となります…。 先週、中学生の娘が期末テスト週間で 一緒に音楽のテスト勉強に“どっぷり”付き合ってしまいました…。音楽のテスト対策も受け付けていますので、ご興味のある方は 何なりとお問い合わせ下さい ! 今回は、初めてピアノの鍵盤に触れる時、カンタンに...

ド~はドーナツーのド~♪ このドレミの歌は子供の頃 よく歌いましたね。音に名前をつけて歌うドレミの名付け親は誰なのでしょうか? それは、グイード・ダレッツォと言うイタリアの修道士さんで、歌を覚える方法を頭をひねって考えたようです。なんせ、当時は まだ楽譜やCD、ラジオもなかった時代で か...

最近、太陽が照りつけて暑いですね~!夏にどんどん近づいている感じです。夏に出かけると言えば海でしょうか?山と言う方も いらっしゃるでしょうね。 その山に登った時、必ず やりたくなることと言えば…遠くの山に向かって「ヤッホー!!」と大声で叫ぶことですよね。 すると… 「やまびこ」が返って来...

ピアノの教本が 進んで行くと、新しい記号や新しい用語が た~くさん出て来ますよね。 特に♯(シャープ)や♭(フラット)が初めて出現して黒い鍵盤を押した時、急に上達した「名ピアニスト」になった気分!私も子供の頃、嬉しくて得意げになりました! (^-^)v 今日は、そんなワクワク感を味わえ...

長調と短調の区別をする時、明るい曲は「長調」 暗い曲は「短調」と考える方が多いと思います。 私のお気に入りの教材「バーナム ピアノテクニック」と言う初心者向けの教材でも、長調は「晴れの日」 短調は「くもりの日」 とタイトルが付けられた一段ずつの練習曲が載っていて、なるほど!って感じです(笑)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ