サイタ音楽教室ピアノ教室神奈川 ゆかりのピアノ教室 スクールブログ 霊の「しわざ」...

霊の「しわざ」…(((・・;)

最近、太陽が照りつけて暑いですね~!夏にどんどん近づいている感じです。夏に出かけると言えば海でしょうか?山と言う方も いらっしゃるでしょうね。

その山に登った時、必ず やりたくなることと言えば…遠くの山に向かって「ヤッホー!!」と大声で叫ぶことですよね。 すると… 「やまびこ」が返って来ます。
でも、「こだま」とも言いますよね。 「やまびこ」と「こだま」の違いは何でしょう!?

やまびこ は、「山彦」と書き 日本の山の神、山の精霊が応えた声。
そして、こだま は、「木霊」と書き 樹木に宿る精霊で木霊の しわざ(!!)

2つとも呼び方は違うけれど、音や声が山や谷にぶつかって反響する同じ現象です。
ちなみに、「エコー」も、やはり木の妖精であるエーコーが返事をした現象といわれ、英語で「エコー」になったそうです。

「霊のしわざ」と聞くと、ちょっと怖いですが「妖精の返事」と言われると神秘的で、なんか 微笑ましいですね…。
山と木の神が登場しましたが、湖でも「やまびこ」現象は起きるらしいですよ!

私も今度 機会があったら 山と木と水 ? の神(精霊)に出会うために、大声で「ヤッホー!!」と叫んでみようと思います。
でも、周りの人に迷惑をかけないように気をつけなくてはいけないですね…(苦笑)

 

(2018年6月5日(火) 13:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中学の音楽教諭の免許あり。子育て経験を活かして、お子さまのレッスンも

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

ド~はドーナツーのド~♪ このドレミの歌は子供の頃 よく歌いましたね。音に名前をつけて歌うドレミの名付け親は誰なのでしょうか? それは、グイード・ダレッツォと言うイタリアの修道士さんで、歌を覚える方法を頭をひねって考えたようです。なんせ、当時は まだ楽譜やCD、ラジオもなかった時代で か...

最近、太陽が照りつけて暑いですね~!夏にどんどん近づいている感じです。夏に出かけると言えば海でしょうか?山と言う方も いらっしゃるでしょうね。 その山に登った時、必ず やりたくなることと言えば…遠くの山に向かって「ヤッホー!!」と大声で叫ぶことですよね。 すると… 「やまびこ」が返って来...

ピアノの教本が 進んで行くと、新しい記号や新しい用語が た~くさん出て来ますよね。 特に♯(シャープ)や♭(フラット)が初めて出現して黒い鍵盤を押した時、急に上達した「名ピアニスト」になった気分!私も子供の頃、嬉しくて得意げになりました! (^-^)v 今日は、そんなワクワク感を味わえ...

長調と短調の区別をする時、明るい曲は「長調」 暗い曲は「短調」と考える方が多いと思います。 私のお気に入りの教材「バーナム ピアノテクニック」と言う初心者向けの教材でも、長調は「晴れの日」 短調は「くもりの日」 とタイトルが付けられた一段ずつの練習曲が載っていて、なるほど!って感じです(笑)...

先日、私の誕生日でした…! (ぜんぜーん おめでたい歳では、ございませんが。苦苦苦笑) それでも、娘と息子が手紙とプチプレゼントをくれて やっぱり嬉しかったです…(涙) 我が家では 毎年 家族の誕生日祝いには、必ず みんなで あの曲を歌います。バースデーソングの定番と言えばアレです...

ブログ記事 ページ先頭へ