サイタ音楽教室ピアノ教室神奈川 ゆかりのピアノ教室 スクールブログ 必殺練習法で『...

必殺練習法で『 気分爽快~~!!! 』

ピアノの練習で、弾き慣れて来ると 何だか変なクセがついて来て、指が滑ったり もつれて来たりしませんか?私には、たびたび このような現象が起こります…(苦笑)。

今までに一番苦労したのが「3連符の連打」のある曲で、具体的に何をどう苦労したかと言いますと…

まず! 同じ音の3連符 (シシシ シシシ シシシ…)

しかも!3連符の3音とも指づかいが違う (321 321 321…)

そして!テンポの速い連打

音が ところどころ抜けたり、指がからまったり、3連符のうち2つの音がくっついて、3つの音が きちんと鳴らなかったり…大苦戦した覚えがあります!

そんな時、先輩が効果的な練習方法を教えてくれました♪
まずペダルを踏まず、すべてピアニッシモ(すごく弱く)で弾く、と言う事。 弱~い音で弾く事で、正確に打鍵しようと意識するようです。フォルテ(強く)の表示があっても、「グッと がまん」 で弱く弱く指先に集中!!
不思議な事に何回か この「がまん」を繰り返していたら音が 抜けたり くっついたりしなくなったのです!

確かに ペダルを踏んで音をボワ~ンと響かせたり、強いタッチで弾けば 何となく ごまかせて、うまく弾けたと勘違いしそうです。

弱い音で、がまん がまん がまん…の後に 表示通りの強い音でバシバシと弾けた時の解放感 &達成感 ! しかも、正確な音、リズムで ツブの そろった打鍵 !
ペダルも復活させると すごく上手になった感じ!

まさに 気分爽快~~ !!!

…と言う事で、私は思い通りに指が動かない時は、 モヤモヤ解消のために 必ずピアニッシモで「グッとがまん」 からのフォルテ!を実践しています。

皆さんも、良ろしかったら 1度この練習方法を試して見て下さい…。

 

(2018年5月10日(木) 10:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中学の音楽教諭の免許あり。子育て経験を活かして、お子さまのレッスンも

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

皆さん こんにちは♪久しぶりの更新となります…。 先週、中学生の娘が期末テスト週間で 一緒に音楽のテスト勉強に“どっぷり”付き合ってしまいました…。音楽のテスト対策も受け付けていますので、ご興味のある方は 何なりとお問い合わせ下さい ! 今回は、初めてピアノの鍵盤に触れる時、カンタンに...

ド~はドーナツーのド~♪ このドレミの歌は子供の頃 よく歌いましたね。音に名前をつけて歌うドレミの名付け親は誰なのでしょうか? それは、グイード・ダレッツォと言うイタリアの修道士さんで、歌を覚える方法を頭をひねって考えたようです。なんせ、当時は まだ楽譜やCD、ラジオもなかった時代で か...

最近、太陽が照りつけて暑いですね~!夏にどんどん近づいている感じです。夏に出かけると言えば海でしょうか?山と言う方も いらっしゃるでしょうね。 その山に登った時、必ず やりたくなることと言えば…遠くの山に向かって「ヤッホー!!」と大声で叫ぶことですよね。 すると… 「やまびこ」が返って来...

ピアノの教本が 進んで行くと、新しい記号や新しい用語が た~くさん出て来ますよね。 特に♯(シャープ)や♭(フラット)が初めて出現して黒い鍵盤を押した時、急に上達した「名ピアニスト」になった気分!私も子供の頃、嬉しくて得意げになりました! (^-^)v 今日は、そんなワクワク感を味わえ...

長調と短調の区別をする時、明るい曲は「長調」 暗い曲は「短調」と考える方が多いと思います。 私のお気に入りの教材「バーナム ピアノテクニック」と言う初心者向けの教材でも、長調は「晴れの日」 短調は「くもりの日」 とタイトルが付けられた一段ずつの練習曲が載っていて、なるほど!って感じです(笑)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ