サイタ音楽教室ピアノ教室神奈川 ゆかりのピアノ教室 スクールブログ 「あいまい」も...

「あいまい」もアリ♪

前回「 ゆかりのピアノ教室」の初ブログを読んで下さった方 ありがとうございます! 第2弾の投稿です。

今回は、音楽用語の疑問について 皆さまにも ご意見をいただきたいと思いまして…。
以前 音楽教室でピアノのレッスン中、生徒さんから音楽の強弱記号について質問されました。
「メゾ フォルテ(やや強く)ってどのくらいの強さ?」と。
その時私は、「そうだねーピアノ(弱く)よりは強いけどフォルテ(強く)よりは弱くかなぁ。」と答えたけれど、正直 私自身 そう聞かれると、確かに! 基準が あいまいで正解の強さは…?と迷ってしまいました。
「あいまい」といえば他にも速度を表す音楽用語で、
「モデラート(中位の速さで)」「アンダンテ(歩く位の速さで)」などがありますが、速さの感覚なんて人それぞれ違いますよね…?通常のペースが のんびりな人もいれば、はや歩きの人、競歩の選手とか!(飛躍し過ぎ!?)分速〇mを基準にした速さです。とか補足記載があるわけでもないし…。
また「フェルマータ(ほどよく長くのばす)」の ほどよくってどのくらいのばすの?生徒さんも いつも困ってしまいます。私は、今まで ず~っと フェルマータは、その音符の2倍位の長さまでのばすと教え続けて来ました。例えば1拍の音符は2拍分のばす、2拍の音符に付いていたら四拍分のばす…と言った具合です。でも… きっちり決めすぎても なんか違和感。

…なので、曲全体の雰囲気や前後の感じや、人それぞれの感性で決めていいのではないか?と思いました。少なくとも音楽には、「あいまい」や「ほどよく」はアリなのかもしれませんね。皆さまは どう思いますか?ご意見、ご感想お待ちしております♪

 

(2018年4月15日(日) 15:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中学の音楽教諭の免許あり。子育て経験を活かして、お子さまのレッスンも

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

皆さん こんにちは♪久しぶりの更新となります…。 先週、中学生の娘が期末テスト週間で 一緒に音楽のテスト勉強に“どっぷり”付き合ってしまいました…。音楽のテスト対策も受け付けていますので、ご興味のある方は 何なりとお問い合わせ下さい ! 今回は、初めてピアノの鍵盤に触れる時、カンタンに...

ド~はドーナツーのド~♪ このドレミの歌は子供の頃 よく歌いましたね。音に名前をつけて歌うドレミの名付け親は誰なのでしょうか? それは、グイード・ダレッツォと言うイタリアの修道士さんで、歌を覚える方法を頭をひねって考えたようです。なんせ、当時は まだ楽譜やCD、ラジオもなかった時代で か...

最近、太陽が照りつけて暑いですね~!夏にどんどん近づいている感じです。夏に出かけると言えば海でしょうか?山と言う方も いらっしゃるでしょうね。 その山に登った時、必ず やりたくなることと言えば…遠くの山に向かって「ヤッホー!!」と大声で叫ぶことですよね。 すると… 「やまびこ」が返って来...

ピアノの教本が 進んで行くと、新しい記号や新しい用語が た~くさん出て来ますよね。 特に♯(シャープ)や♭(フラット)が初めて出現して黒い鍵盤を押した時、急に上達した「名ピアニスト」になった気分!私も子供の頃、嬉しくて得意げになりました! (^-^)v 今日は、そんなワクワク感を味わえ...

長調と短調の区別をする時、明るい曲は「長調」 暗い曲は「短調」と考える方が多いと思います。 私のお気に入りの教材「バーナム ピアノテクニック」と言う初心者向けの教材でも、長調は「晴れの日」 短調は「くもりの日」 とタイトルが付けられた一段ずつの練習曲が載っていて、なるほど!って感じです(笑)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ