サイタ音楽教室ピアノ教室神奈川 ピアノスクールまつなが スクールブログ 伴奏者は、たい...

伴奏者は、たいへーん!

そうそう、中学の合唱祭のもうひとつの思い出として、中3で歌う「大地讃頌(だいちさんしょう)」の伴奏をしたことです。難しい漢字ですね!やっと調べました(笑)。
公立中学では、ほとんどの学校が中3のとき、合唱祭の課題曲に大地讃頌があります。学校によって、違うかもしれませんが。で、私も中3のときに、大地讃頌の伴奏をやりました。これが、難しい和音の連続で、とにかくたいへんで、手に悪いのです!がんばれば、がんばるほど手が痛くなります。合唱曲としては、とても感動する歌で、私も大好きですが、伴奏する方としては、ほんとに悲鳴をあげたいぐらい、たいへんなんです。実際に弾いた方なら、わかりますよね!私も、自分の子供の中学の合唱祭を見に行ったときは、みんなが真剣に歌っていて、何かが乗り移ったかのように気持ちが入っていて、最後の、はーはーなーるーだーいーちーを、あーー!のところは、もうすごくて、感動しました。そして、最後にみんなが泣くんですよね。いや、私の中学時代のクラスは、誰も泣かないし、感動はなかったですけど(笑)。
とにかく、なんでこんな難しい曲を課題曲にするのかな、といまだに思います。ピアノのコンクール前とかだったら、絶対に弾きたくない曲だと思いますが。私も、子供の中学の合唱祭を見に行ったら、伴奏者の女の子たちが、みんな手首にテーピングをしてるんです。うわー!みんながんばったんだねー!えらいぞー!と、それを見ただけで、涙が出そうになりました。中間部の間奏も、自分が弾いて知っているだけに、いちいち、うんうん、とうなずきながら聴いてしまいます。きっと他のお母様から見たら、かなり変な親に見えたかもしれません(笑)。で、最優秀賞に選ばれたクラスは、みんなで大泣きでした。で、惜しくも優秀賞(つまり、2位)になったクラスも大泣きでした。それを見ている私達親も、またもらい泣きでした。肝心な自分の子供のクラスは、残念ながら賞はもらえませんでしたが(笑)。でも、がんばって歌っている姿は、本当に清々しくて、感動しました。やっぱり、中学生や高校生が一生懸命に歌う姿は、感動しますね! 大地讃頌の歌も素晴らしくて大好きなのですが、私は練習のときに、音楽の先生が何回も歌を止めて、ここからもう一度、とか言われると、え?またそこ弾くの?と、イラっ!としたのも覚えています。中学生のお母様方、ぜひ、合唱祭では、大地讃頌の伴奏者の子たちも、とってもがんばっているんだよ、ということをどうぞ覚えていて下さいねー!私も、元、大地讃頌の伴奏者として、お願いいたしまーす(笑)!ではまたー!

 

(2017年10月8日(日) 1:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

弾き語りや作曲にも精通!小学校の音楽講師歴を生かしどなたでも楽しく

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

最近、共感する本に出会いました。阿川佐和子さんの「強父論」です。もともと、阿川さんの本は好きで、その語り口が、なんとも気さくで、しゃべっているように、文章を書いているところが、どことなく自分にも似ているな、と感じていました。 で、なんの話をしていたんでしたっけ、 というところも、私にそっく...

またまたピアノの思い出がよみがえってきました。 みなさまの何のお役に立たないかもしれないけど、よみがえってきたので、書きますね(笑)。 あれは、高校三年のころ、音大の講習会で知り合った先生にレッスンを見ていただいていました。 両親は、学校の音楽の先生になってほしい、ということだったので、...

いつも、ピアノの思い出話ばかりしているので、今回は違うお話をします。 みなさんは、ピアノを習っていて、どんな目標をもっていらっしゃいますか?◯◯コンクールをうける!とか、発表会でこの曲を弾きたい!とか、いろいろあると思います。大きな目標から、小さな目標まで、いろーんな目標があっていいと思いま...

最近、小さな頃からコンクールを受ける時代になったのでしょうか。私の娘も、幼稚園の頃に、先生からコンクールを受けないですか?いい勉強になりますよ、と言われました。まだ小さいし、いいかなと思ったけど、やっぱりやらせてみようかな、と受けることにしました。とっても短い曲で、かわいくて、これをコンクール...

音大時代に友達から、幽霊部員にならない?と言われたことがありました。え?なんのこと?と聞くと、音大の美術部に入ってるんだけど、人数がほしいから名前だけでも入って、ということらしいのです。軽く、いいよー!と返事をしました。で、数日後。どんなことを美術部でしてるのかなー?と気になり、幽霊部員(私)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ