全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 きだわたるピアノ教室 スクールブログ あなたの立ち位...

あなたの立ち位置は…?

こんにちわ!

今日はバンドのお話をしたいと思います。

僕は今までのお仕事の中でいろんな組み合わせで
演奏をしてきました。

ピアノというと、クラシックの楽曲を
コンサートホールとかでピアノソロで弾く!
みたいなイメージがある方もおおいかなと
思いますが。

僕が多かったのは、いわゆるバンド形態です。
ボーカル、ギター、ベース、ドラムに、
ピアノとして参加するって形ですね。

ポップスやジャズ、ロックでも大体この形態が、
いちばん多かったかなと思います。

あとは、演歌やクラシックだと
歌手の方と2人で、とか、
チェロとピアノで、とか、
そんな組み合わせで演奏したりもしました。

さあ、では今回のお題にいきたいと思います。

バンド形態や2人組で演奏するとき、
ピアノはどんな立ち位置にいるでしょう。

ピアノソロで舞台に立つときは、
もちろんピアノは主役なわけですが、
バンド形態のときは…?

主役ではないので、とーぜん脇役ですね(笑)

ただ、やるからには名脇役になりたいわけです。

主役を抑えて目立っちゃうか、
影でしっかり主役を支える大黒柱になるか、
脇役といっても演じる人によって様々です。

僕は目立ちたがり屋な性分で、
常にどーやって目立つか考えてました(笑)

みなさんもピアノを弾いていくなかで、
ソロ以外のいろんな形態で演奏する機会が
巡ってくると思います。

そのときは、バンドをひとつのドラマにして、
自分はどんな役を演じるのか想像しながら、
演奏してみてください^ ^

 

(2017年8月1日(火) 22:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ポップスの演奏・アレンジ経験が豊富!マイペースに気ままに上達できる

きだわたるピアノ教室
木田渉 (ピアノ)

川崎・五反田・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・日暮里・秋葉原・田町・登戸・谷保・立...

ブログ記事 ページ先頭へ