サイタ音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ スタンダード曲...

スタンダード曲の練習

ジャズピアノ初心者へ私はスタンダード曲、それも聞き覚えのある曲からレッスンしています。
共通の楽譜はバイブルですが、これだとメロディーとコード進行しか書いてありません。
コードを覚えるのにダイアトニックスケールとダイアトニックコード表を作り説明するんですが、やはり実際に弾く曲で覚えるのが早かろうと思い課題曲はアレンジして、コードをへ音記号(左手)に構成音、ボイシングも変えて作ります。ボイシングの基本は指の動きが極力少なくなるようにそれから、聞いてかっこいいサウンドになるよう考えています。
今回は「how high the moon」ミュージカルの主題歌です。
この曲の面白いところはト長調(key in G)で書かれているのですが、出だし三小節目からkey in Fになり、EbになりGに解決するといういわばmodlinterchenge(借用和音)部分転調の激しい曲です。
こういうパターンはジャズミュージシャンは好みます、というかアドリブが非常に変化に富んだものが使えるからでしょう。
しかし初心者の人には手ごわい曲になります。
転調の繰り返しでどのkeyやら???
しかし、これも覚えてしまえばG,F,Eb,Gというふうに一度下がりでEbからGへ戻ると覚えればアドリブでもそんなに難しくはならないと思います。
ただ、Fに行くのにドミナントモーション(Ⅱm7―Ⅴ7)であるGm7-C7―F 。FからEbにいくドミナントモーション(Ⅱm7―Ⅴ7)のFm7-Bb7など
コードにmの付くものが出てくるので戸惑うかもしれませんね。
次回はこの部分転調へのアドリブをどうすればカッコいいか!についてです。

 

(2017年6月10日(土) 11:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

久しぶりのブログです。 今、生徒さんへお好きな曲の練習とコード進行(コードの構成音)に関して説明していますが、これが意外と時間がかかります。 私自身は独学の試行錯誤で覚えたボイシングがプロの方によって確認できたことで自信になってはいますが、振り返れば聴いたコードサウンドを自分で確認するよう...

音楽活動、今年はできそうにありません。 区の役員に指名されてしまい、順番とは言いながら区の行事などでも頻繁に会合があるとのこと、二年間のお勤めはでどうもバンド活度は休止せざるを得ない状況になる。 タイミングとしてはちょうどいいのかもしれません。 昨年、ベースとニュゾンでイントロを引く際、...

私の所属している別のバンドのコンサートが12/2にあるのです。 今、そのための練習をしているのですが、この練習方は一曲を時間をかけてというわけにいかないためにサラット練習し、ポイントになるところを重点練習ということになります。 さて、どこのバンドでも同じでしょうが、演奏曲の中でのソロに...

ジャズコンボバンドで「How high the moon」を演奏する場合の話。 市販の楽譜では#一つのkey in G(ト調長)です。 Key in Gのダイアトニックスケール(G、A、B、C、D、E、F#)のダイアトニックコードはG(ソシレ)、Am(ラドミ)、Bm(シレファ#)、C(ドミ...

定期演奏会も無事終了。 ビッグバンドのソロは大抵がワンコーラス以内で短い、その中に自分の気持ちを詰め込んだアドリブをしようとすると難しいですね。 さて、来月コンボバンドでの演奏をするということになりました。 コンボバンドではハーモニーも少ない編成では大変ですし、アドリブソロが取れない...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ