全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ コンボセッショ...

コンボセッション

先日、コンボでのセッションに出向きました。
いつも使わさせていただいているスタジオに大勢がつめかけさながらジャムセッションです。
今日はアルト、テナーサックスにベース、ドラムス、ピアノと多くが来るという話です。
中にはアマチュアとは言えプロ顔負けのアドリブを披露してくれる人がいます。
どうして、楽譜も見ないでスラスラ吹けるのでしょうかね? 恐れ入ります。
とかく、アマチュアが集うと定番のスタンダードから始めるのですが、今日はTbの方のあまりセッションでは演奏しないような曲をやりましょう!とのことでスタートしたのです。
知ってはいるもののいざコンボでの演奏となると敬遠してきた曲が・・・・・
それならやけくそだと言わんばかりに演奏し始めるのですが途中でロスト(楽譜のどこかわからん!! ベースを聴いていると実はわかるんですが・・・)
足のしびれもきたしこうゆうときは、黙って曲の最後のドミナントモーションに入り私は終わりですよ!!!と やればいいのです。
わかってる人は笑ってましたが・・・・私もつられて笑いました。

いつもながらアドリブの上手な方の演奏は聴いていて気持ちがいいものです。
バックでコンピングしていてもついつい乗せられるので弾いていても気持ちがいいですね。

いろんな人のフレーズを聴き覚えることが勉強になります。
アドリブは即興演奏とは言え覚えたフレーズをつないで演奏するという意味の方が強い感じがあります。
もちろん、瞬時にメロディーが出る人は天才でしょうが。

一般的には聞いて覚える事からスタートです

 

(2017年2月25日(土) 13:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ