サイタ音楽教室ピアノ教室兵庫 ビギン・ポピュラーピアノ教室 スクールブログ ツー・ファイブ...

ツー・ファイブについて

前回は恐ろしく観念的な話になってしまったので、
今回は和音の理論のことを
説明してみようと思います。

その前に、キーについて少しだけ。

キーは、知っていますか?
曲にはあらかじめ定められた
キーというものがあるんです。
ハ長調、またはCメジャーなどと言って、
全部で十二種類あります。
ざっくり解説すると、
まず、ピアノのドから白鍵だけを弾いて、
次のドまでの音の並びが、
ハ長調、またはCメジャーです。
これをレから始めると、
ニ長調、またはDメジャー。
ただし、これは白鍵だけではいけません。
ハ長調の時と同じ音程をたどる必要があるので、
いくつかが黒鍵になります。
今回はハ調長で説明をしていきます。
キーにはこの他に、全部で十二個あるんだな、
と言うところさえ押さえておいてもらえたら
大丈夫です。

では次に、ドから始まる白鍵の並びがありますね。
ドを起点にして、
一足飛びに音を選んで和音にしましょう。
ドから始まる時は、ドミソ、となります。
レからの時は、レファラ、です。

この作業をドからシまで続けると、
七つの和音ができます。

   ドミソ、レファラ、ミソシ、ファラド、
   ソシレ、ラドミ、シレファ

こうです。これらはコードというもので
表記することができます。
歌謡曲の一段譜などで見かける、
五線の上にアルファベットが書かれているのが
それにあたります。
上の和音をコードに改めてみると、こうなります。

   C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(-5)

mとか(-5)とか付いていて、
「これは何なの?」と思うでしょうが、
今は無視して下さい。
(と言いつつ、気になるでしょうから
少し補足します。mは「マイナー」と読み、
(-5)は「フラットファイブ」と読みます)。

タイトルに挙げたツー・ファイブとは、
上の並びの二番目と五番目のことを指します。

   Dm G

Gは大元のCに行きたがる性質があります。つまり、

   Dm G C

ツー・ファイブ・ワンとなりましたね。
これが、実はとても大事なんです。
ジャズの理論の中では日常的に登場します。

この進行は、ジャズに限らず、ポップスやR&B、
フュージョンやファンクなどにも多く見られます。
それはどうしてかと言うと、
このツー・ファイブがあるお陰で、
曲に起伏が生まれるからなんです。

音楽での起伏とは、
安定な状態と不安定な状態の差のことを指します。
難しい説明は割愛しますが、
ツー・ファイブの進行とは、
不安定な状態から安定な状態に
向かう動きを表しているんです。

また抽象的な感じになってきました……。
ツー・ファイブはとにかく大事だと、
そういう訳なんですね。
今回は、頭が痛くなってくる
この辺りまでとしまして、次回はコードについて、
もう少し詳しく迫ってみようと思います。

 

(2009年10月22日(木) 2:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

社会人から再チャレンジした先生だから教えられる効率的な練習法!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

Nearness of Youという曲です。バラードは空間が空きやすいですが、ピアノの美しさがよく現れるところでもあります。 <iframe title="YouTube video player" width="480" height="390" src="http://www.y...

こんにちは! 講師の竹内です! ジャズピアノを弾いてみたい人の多くには、 「ピアノソロでかっこよく弾きたい」 という欲求があるようです。 ピアノソロ、ボクも大好きです。誰にも邪魔されずに、自分だけの演奏に没頭できる。男の人が自分だけの書斎を持ちたいと願う感覚に、結構近いものがあ...

こんにちは! 講師の竹内です! だいぶ更新が空いてしまいました。というのも、なかなか忙しかったからでして……。いい訳ですけど(笑) 「どうやったら、アドリブ演奏が上手になれますか?」 という問いをよく頂きます。これは非常にいい質問です。 楽譜の世界から解き放たれて、自由...

前回の記事で、 「次回はコードについてもう少し迫っていきます」 と予告したのですが、 今回は難しい話の合間の休憩ということで、 歌について考えてみたいと思います。 ピアノやギター、ヴァイオリンなどの 楽器だけによる演奏曲を インストゥルメンタルと言いますが (略して「インス...

前回は恐ろしく観念的な話になってしまったので、 今回は和音の理論のことを 説明してみようと思います。 その前に、キーについて少しだけ。 キーは、知っていますか? 曲にはあらかじめ定められた キーというものがあるんです。 ハ長調、またはCメジャーなどと言って、 全部で十二...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ