全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ リハモとアドリ...

リハモとアドリブフレーズ

定期演奏会での「サテン・ドール」ピアノアドリブソロのリハモとアドリブフレーズについて詳しく書きます。
この曲は(楽譜)key in C(ハ長調)の曲です。
ですから、ハ長調ダイヤトニックコードで出来ている。基本はね でも部分的に転調させています。これはAと言うメロディーからBメロに変わる場合、変わっ感を出す方法です。
よくサビの部分などと言いますが、それまでのテーマメロディーからがらっと気分を変えたいときkeyを転調(長調から短調またその逆もあります)させて変わった感を演出するのです。
サテン・ドールではAメロはハ長調でBメロはヘ長調になり最後でハ長調に戻りAメロ(ハ長調)で終わり。ワンコーラス32小節から出来ている曲です。
このAメロの部分をリハモすることき例1:ベースのラインをなめらかに移動させる方法。例2:ダイナミックに変える方法 の二種類があります。
どれも理論上許されれう範囲でということになります。
今回はAメロの進行のみにします。Dm7/G7|Dm7/G7|Em7/A7|Em7/A7|Am7/D7|Abm7/Db7|C6|Em7b5/A7|と繰り返しのパターンですが繰り返さずBメロに行く時は最後2小節はC6です。
このAメロの最初の2小節は同じコード進行ですDm7/G7これではバックのサウンドの流れが単調です。この場合次の3小節のEm7のセカンダリドミナントを使います。
Em7のドミナントモーションはご承知のとおりⅡm7はF#m7b5です。Ⅴ7はB7ということになりDm7/G7|F#m7b5/B7|Em7/A7|と変えます。
その次ですがこれもセカンダリドミナントで考えればAm7のⅡm7とⅤ7ということになりBm77b5、E7となるわけです。あまりにも変わった感があるので|Am7/D7|を|D7|としてもいいのです。
なぜなら次のAbm7/Db7も同じ進行で半音したという分かったかんが表現できればOKなのでD7|Db7|に置き換えてもOKです。
そうするとこのようになります,Dm7/G7|F#m7b5/B7|Em7/A7|Bm7b5/E7|D7|Db7|C6|Em7b5/A7|D7はハ長調ダイヤトニックコードにはありませんが(Am6と同じ構成音)従ってDのトニック7である独立したコードと捉えます。
さて、リハーモナイズとは今ある楽譜のコード進行を変えることで雰囲気も変わる演奏者がイメージ通りの表現となるかはアドリブ次第。今回はブルノートスケールを使うので、メジャー、マイナー両方が使えると「明るい感じ、暗い感じ」をまずは表現ができます。
アドリブフレーズ:最初のDm7/G7ではCメジャーブルノートF#m7b5/B7ではCマイナーブルノート、Em7/A7はCメジャーD7はDのブルーノートDb7もDbのブルーノートというふうに使い分けをするのです。
これでソロがしっとりくる感じでありまた多少浮いた感も出るというありがたいスケールがブルーノートスケールです。
この方法は一般的ですから色んな楽曲のコード進行を聴きながらセカンダリドミナントモーションを試してみてください。

 

(2016年10月11日(火) 17:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ