サイタ音楽教室ピアノ教室群馬 ピアノ教室 ドルチェ スクールブログ ドイツ音名

ドイツ音名

アンサンブルをする時によく使われるのが、ドイツ音名。

ドレミでいいんでないの!?と言う声も出そうですが
理由は色々あるのです。
(音名が短くてレッスンのときに効率が良いなど)

【イタリア音名】
Do (ド)
Re (レ)
Mi (ミ)
Fa (ファ)
Sol (ソ)
La (ラ)
Si (シ)

【日本音名】








【アメリカ・イギリス音名】
C (スィー)
D (ディー)
E (イー)
F (エフ)
G (ジー)
A (エイ)
B (ビー)

⇒ピアノ譜やギターのコードネームに使われますね。

【ドイツ音名】
C (ツェー)
D (デー)
E (エー)
F (エフ)
G (ゲー)
A (アー)
H (ハー)

ちなみに、私はビッグバンドでキーボードを演奏していたことがあるのですが
調の確認をする時に「●調」と言う言い方ではなく
「●コードスタート」という言い方をしていました。

曲の頭部分のコードを言っているだけです。
最初の頃は、調が違うでしょ!と突っ込んでしまったことがあります(苦笑)。

幼稚園・小学校ではイタリア音名
中学校では日本音名を習うが、筆記試験のために覚える感じ。
一部の中学校・高校では、ドイツ音名を、やはり、筆記試験のために覚える感じ。
吹奏楽部やオーケストラに入るとドイツ音名を覚え、実際に使う。

覚えていても、損はありません。
教養としてご存知の方も、結構いらっしゃいます。
ドイツ音名、あなたも覚えてみませんか?

ドイツ音名

(2016年8月23日(火) 12:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リトミックアシスタントや演奏者としても活躍!楽典の早覚え法も伝授

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

みなさまこんにちは。 ピアノ教室ドルチェのブログへようこそ。 新学期が始まり もうすぐゴールデンウィークですね。 社会人の方ですと 最近は、4月中旬や5月異動があったりと 以前と変わってきましたね。 ということで、新生活が落ち着くのも その分あとになってきますね...

みなさまこんにちは。 久々の更新です。 ピアノ教室ドルチェのブログへようこそ。 まだまだ寒い日が続きますが 実は、もう、暦の上では 春が近づいています。 学業やお仕事など 様々なことで環境のかわる時期ですね。 何か、新しいことに チャレンジしたくなる時期でもあ...

ピアノが弾けることが必須だったり 弾けると有利になる職業があります。 例をあげてみますね。 ・保育士、幼稚園教諭 ・小学校教諭、中学校教諭、高校教諭 ・特別支援学校教諭 ・福祉施設職員など ピアノが苦手だから、という理由で 進路をかえる方もいらっしゃいます。 でも...

お子さんのレッスンでは 年齢や月齢によって、工夫しております。 例えば、こちらの写真のくまのぬいぐるみ。 ・ピアノの横におく ・お子さんがハグなどして静かな気持ちになる  心が落ち着く ・お子さんと講師の会話に使うなど コミュニケーションツールとして使っております。 ...

レッスン会場を選ぶ際の 参考にしていたたければと思います。 ・バンド向きの会場 グランドピアノやアップライトピアノはなし 鍵盤楽器は電子ピアノやキーボードのみ ピアノ専用椅子なしというパターンが多いです。 お部屋自体の料金が低くても 電子ピアノなどの使用料金がかかることも...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ