全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ 今日はコンボ練...

今日はコンボ練習

先月のBS1で穐吉 敏子さんのデビュー70周年記念盤番組が放映されていました。
戦後、ジャズに魅せられ16歳で単身渡米、現在のバークリーを卒業後の苦労を駆け足で放送されていましたが、当時のアメリカのジャズシーンは、モダンジャズ全盛期、バド・パウエル(ピアノトリの開祖と言われたピアニスト)の超絶テクによる即興(アドリブ)が絶対的な演奏方法でしたから苦労した経緯がよくわかります。
生活に困る状況下でもジャズをひたすら追い求めるが二度目の結婚を機にジャズ界から身を引こうとも考えたようですね。
そこで、夫であるルー・タバキンから続けることを説得され、東洋的、日本的なジャズをビッグバンドサウンドで作りこれが受けたのでした。
昨年はアメリカで女性初しかも日本人でジャズマスターの称号を与えられたそうです。ひたむきにジャズを追い求めた結果、86歳まで現役で活動できるとは私から見れば羨望の的でります。
日本人というハンディーをものともせずに現役でプレーする事は並大抵のことではないでしょう。
若かりし頃は日本人女性ジャズピアニストとしてもてはやされた事もあったようですが、それは今で言うところのアイドル感覚でのTVショーへの出演ですから、すぐに忘れ去られますよね。
とにかく、本場ですから当時のコルトレーン、マイルス、バド・パウエル、エリントン、ミンガス等等それはそれはすごいミージシャンばかりの中に入り込むわけです。
こんな冒険は私には到底出来ませんけど、実力がなければどうにもならない世界ですあら相当に苦労したことはわかります。

さて、今日はコンボバンドの練習にトランペットさんも参加してくれました。
スタンダードバイブルを携えてブルースからスタンダードまでご存知の曲を練習してみました。
ご希望ははやり!アドリブを自由に吹きたいということです。私も再三再四書き込んできましたが、アマチュアジャズ愛好家はどうしてもアドリブが演奏したい というのが強いようです。
今日はエッセンスだけをお教えしました。
これが練習しているとサマになってくるので不思議です。
ブルーノートスケールの威力は抜群ですよ。
今日はペンタ(五音階)をお教えしたので、おそらく次はもっとたくさんの音が使える方法を!!とやる気になってくれればこんな嬉しいことはありません。
ただし、理論は最低限理解することが大事です。何故なら、ハ長調で作られている曲には、部分転調や借用和音があるからです。
これが、ハ長調のダイアトニックコードだっけで作られている曲なら ハ長調ブルーノートペンタトニックだけでアドリブは可能ですが、このような部分転調、借用和音があると、アボイドノート(使用注意音)が含まれる可能性が高いので理論を勉強しましょう。
アドリブについてはどうしても使える音が重要になります。勢いでは到底まともな演奏はできません。
ジャズ、ポピュラーのアドリブに使う音をどのように選んだらよいかということですね。
繰り返しになりますが、最も重要なことは曲の調(key)はなんであるかということです。
これが分かれば自ずとダイアトニックコードかそうでないかはわかります。
ダイアトニックコードでなければ転調しているか、部分転調かはたまた借用和音であるかがわかります。
ここまで理解できれば後は簡単!!
転調しているならその調のブルーノートペンタでアドリブは可能ですし、借用和音であればどの調からの借用かわかればその元の調のブルーノートペンタでOKです。


 

(2016年4月13日(水) 15:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ